社長ブログ

株式会社アイネット

2018/10/03 12:14

みなさん、こんにちは!

 

今日はボルダリングのイベントの告知です。「ボルダリング」はフリークライミング(スポーツクライミング)の一種で、あまり高くない壁(岩)を登る競技です。一方、ロープを使って高いところを登るのが「ルートクライミング」です。よく「ボルダリング・ジム」と銘打っているクライミングジムがありますが、そういうところではルートクライミングができないことが多いです。

といっても、私はまるでクライミングをやらないのですけどね!

 

というわけで、今回は夫もかかわっている秋のイベントのお知らせです。秋はイベントがとても多いと思いますが、もしご興味あればどうぞ。

開催地の玉野は岡山県にあるいくつかのクライミングスポットの一つで、王子が岳といったボルダリングに最適な場所もあります。下の写真のフライヤーの左のほうに写っているのが王子が岳にある有名な「にこにこ岩」です。横向きの笑ったような顔の岩です。

IMG_1403.jpg

 

いちおう、夫が日本フリークライミング協会のお世話をする立場なので、今回のイベントの告知をさせていただきました。ご興味あるかたは下記リンクよりどうぞ~。

瀬戸内JAM '18

 

あと、すみません!上記イベントの告知で、テレビせとうちで10月6日土曜日に放映される「どようDEど~よ」の取材を昨日受けたそうなので、そちらもよろしくです!(5分枠ぐらいの放映らしいです)

2018/10/02 17:05

みなさん、こんにちは!

 

ようやく…。ようやく、弊社ビルの塗装が完了しました。感無量。

 

8月の下旬から開始し、一ヶ月ちょっとかかりました。

下の写真が塗装が始まる前の足場を組んだところです。

IMG_1274.jpg

 

そして、9月29日土曜日に、台風が来ようかというちょっと前に塗装作業が完了いたしました。ご覧のとおり、明るいクリーム色になっております。

IMG_1398.jpg

 

今回、「ようやく」という表現を使ったのは、お分かりのかたもおられるかと思いますが、ちょうど工期の間に天候不良が多く、しばしば作業が中断して大変苦労したためです。自社のことだけなら良いのですが、一階のテナントさんにご迷惑をおかけするかもしれないととても気を遣いました。

 

塗装の仕事は天候に左右されることが多く、今年は本当に大変だったのですが、そういう難しい時期に業者さんの工期がどんどんズレていくのを見てかなり不安になりました。翻って、我々も仕事を進める上でお客さんに不安を抱かせるような進め方をしてはいけないなと感じました。

 

以下、周囲の職人さんたちと話をしたことをメモしておきます。

・何らかの理由があってスケジュールがズレる場合は予知報告をする。

・最後のほうで大きく揉める場合は、その途中で既にお客さんに何らかの不安や不満を抱かせている。

・心配させないよう、日ごろから説明をこまめにするようにする。

 

これらは、まったく我々業界にも当てはまることなので参考にして仕事に向かわねばなりませんね。

 

というわけで、塗りたてほやほやのわが社屋では10月に下記リンク先のイベントを開催予定です。興味があるかたはSNSを通じて申し込んでみてくださいね!

ノベルティカンファレンス in 大都会岡山

2018/09/10 12:42

みなさん、こんにちは!

 

本日は、弊社ビル一階にテナントで入っております「憩味どころ隠岐」さんのリニューアルオープンの日なので、ちょっとご報告させていただきます。一ヶ月少々のお休みをいただいておりましたが、このたび、中も外も素敵に改装いたしました。実は、同時にビルの外壁の塗装もしているのですが、今年は天候が荒れる時も多く、店の正面である南側の足場を外すのが土曜のプレオープンぎりぎりになってしまい、生憎の雨の中、現場を見守ったり、お掃除したり。何とか間に合わせることができました。

 

じゃんっ!

IMG_1306.jpg

 

たたずまいもお上品な感じです。

IMG_1299.jpg

IMG_1300.jpg

 

私もお花を贈らせていただきました。

IMG_1301.jpg

 

先週の土曜日はプレオープンということで、魚屋さん、野菜屋さん、酒屋さんなどの業者さんを中心としたうちわだけの宴席に呼んでいただきました。今年初めての松茸もいただきました!

IMG_1302.jpg

 

ところでよく、「行ったら山本さんのツケで呑んでもいいの?」とか「ビール一杯ぐらいサービスで出るの?」とか訊かれるのですが、わたくしが経営のお店ではないのでそこまでのチカラはございません。けど、もしかしたら、何か良いことがあるかもしれないので今後ともよろしくお願いいたします。

2018/07/03 17:03

みなさん、こんにちは!

今日までかけて合間の時間を見ては所属団体に向けてウラジオストク経済視察レポートを書いていました。お堅いレポートを書くのは嫌ですねえ。

 

ということで、今回は旅のこぼれ話。ロシアの可愛いもののことや、偶然の出会いのことなど書きます。

まず可愛いものですが、ウラジオストクに到着した日の夜に食事をした「ノスタルギア」っていうレストランが可愛かったです。お花がたくさん飾ってあってアンティークな家具で統一されていました。日本にあったら女子会などで使いたい感じのお店でした。

IMG_0576.jpg

 

次に可愛かったのはお土産物屋の看板猫でした。ウラジオストクのシンボルは虎なので、あちこちに虎のモチーフを見かけるのですが、お土産物屋さんの中にある虎のプレートの前にトラ猫が寝そべってまして、みんなにいじられてもぜんぜん起きないんです。そばに「餌代ちょうだい」っていう募金箱が置いてありました。

IMG_0640.jpg

 

それから、ホテルのランチのデザートが可愛かったです。ウラジオストクのJETRO(日本貿易振興機構のクジヤトフさんに経済の様子をお聴きした時のランチではこんな可愛いデザートが出ました。

IMG_0948.jpg

 

最後にアルセニエフ博物館を見学した時にロシアのナナイ族の民族衣装が展示してあったのですが、可愛かったです。ちなみにアルセニエフ博物館というのは、アルセニエフという学者が沿海地方の民族や風土や歴史を調べた資料がおさめられた1890年に作られた博物館です。

IMG_0891.jpg

 

◇◇

 

さて、偶然の出会いのほうですが、実はウラジオストク空港についた時、ちょうどガイドのステファンが日本人の人と親しそうに会話をしていたのです。それが平成音楽大学のホルン講師であり、極東連邦芸大名誉教授の今瀬氏というかたなのですが、翌日の夜、日本のギタリスト建孝三氏とフルート演奏者の松尾麻里氏のコンサートがあるということを教えてもらいましたので、さっそく予定を変更し、劇場まで足を伸ばして素敵なコンサートを堪能しました。

IMG_0779.jpg

 

その劇場ではなんと、翌々日には加藤登紀子さんのコンサートも行われるということでポスターが貼ってありました。

IMG_0781.jpg

 

これで私のウラジオストクの旅行話は終わりです。日本に近くて遠い国ロシアは、国の政策もあり、子供を産むことや子育てにもいろんな補助が出るようで、たくさんの子供連れの家族を見かけました。

個人的にはとても楽しかったので、いつか機会があればまた行きたいなあと思いつつ、帰路につきました。

2018/06/28 11:22

みなさん、こんにちは!

 

無事にウラジオストクから帰国しました。帰国してからは慌ただしくしていてなかなかここを更新できないのですが、皆さんが心配していてもいけないので急ぎ生存報告として更新させていただきます。

 

じゃじゃーん。これがウラジオストク空港です。北海道とほぼ同じ緯度で、涼しいです。成田空港から賞味2時間くらいで来れます。一番近い北欧の町です。シベリア鉄道の起点の駅がある場所でもあります。

IMG_0556.jpg

 

巨大マトリョーシカにお出迎えしていただきました。

IMG_0555.jpg

 

みなさん、ロシアってどんなイメージですか?食べ物って何があるか分かりますか?私のイメージは、ボルシチ、ピロシキ、マトリョーシカ、ぐらいしかありませんでした。でも実際には!

 

初日の夜のご飯。ボルシチ。ニンニクを黒パンにすり込んで、唐辛子を潰していれたボルシチに浸して食べると美味しかったです。お店のマダムにぐいぐいと口に押し込まれ、「ハラショー?(good?)」と何度も訊かれました。

IMG_0577.jpg

 

デザートのピロシキ。甘いリンゴジャムが入ってました。ピロシキには、甘くないひき肉などの詰め物が入っているものもあるようです。

IMG_0584.jpg

 

お土産用にマトリョーシカ。

IMG_0625.jpg

 

というわけで、ここまでは割とイメージ通りでした。

 

あ。あと、日本のおっちゃんたちは全員知らなかったのですが、知ってる人は知ってるチェブラーシカというキャラクターがいましす。若い子と女性は割と知ってるかな?

左側はチェブラーシカのマトリョーシカ。ぬいぐるみは自分用に買いました。

IMG_0645.jpg

 

というわけで、ピロシキとボルシチとマトリョーシカというイメージ通りの印象をまずはお伝えしましたが、日本人があまり多くない町の様子はネットではあまり得られませんよね。私にとって初めてのロシアは素敵なこともいろいろありました。また来たいな~と、心底思いました。

 

追ってお伝えできたらと思います。