社長ブログ

株式会社アイネット

2018/09/10 12:42

みなさん、こんにちは!

 

本日は、弊社ビル一階にテナントで入っております「憩味どころ隠岐」さんのリニューアルオープンの日なので、ちょっとご報告させていただきます。一ヶ月少々のお休みをいただいておりましたが、このたび、中も外も素敵に改装いたしました。実は、同時にビルの外壁の塗装もしているのですが、今年は天候が荒れる時も多く、店の正面である南側の足場を外すのが土曜のプレオープンぎりぎりになってしまい、生憎の雨の中、現場を見守ったり、お掃除したり。何とか間に合わせることができました。

 

じゃんっ!

IMG_1306.jpg

 

たたずまいもお上品な感じです。

IMG_1299.jpg

IMG_1300.jpg

 

私もお花を贈らせていただきました。

IMG_1301.jpg

 

先週の土曜日はプレオープンということで、魚屋さん、野菜屋さん、酒屋さんなどの業者さんを中心としたうちわだけの宴席に呼んでいただきました。今年初めての松茸もいただきました!

IMG_1302.jpg

 

ところでよく、「行ったら山本さんのツケで呑んでもいいの?」とか「ビール一杯ぐらいサービスで出るの?」とか訊かれるのですが、わたくしが経営のお店ではないのでそこまでのチカラはございません。けど、もしかしたら、何か良いことがあるかもしれないので今後ともよろしくお願いいたします。

2018/09/03 13:00

みなさん、こんにちは!

 

みなさん、お掃除好きですか?私は苦手というのもありますが、平日は仕事なので週末にやろうと思うのですがあれこれとイベントが入ってしまったりしてなかなかできません。

もっと掃除が行き届いた家に住めればQOLが上がるのに!、と思っていたのですが、この夏はちょうど自宅が築10年ということでダスキンさんに水回りを中心に一気にやってもらうことにしました。単純に自分のやり方では充分に綺麗にできないところの掃除をして欲しいというのもありましたが、プロがどんな掃除をするのか知りたいというのもありました。

依頼したのは、キッチンのレンジフードとシンク、お風呂、脱衣所の洗面、トイレです。

 

まず見積りの時点で指摘をされたのは、「浴室の石鹸汚れが蓄積しているので、石鹸を使わずボディソープに替えてくださいね」ということでした。実はうちの浴室は、バスタブがオレンジ色で、壁の三面が白、そしてシャワーのついている身体を洗う際に一番近い壁がチョコレート色なんで、白い石鹸汚れがすごく目立つんですね。というか、私、石鹸汚れと知らずにカビだと思ってこすってました。

次に指摘をされたのは、「よくお掃除されてるんですが、メラミンスポンジ使ってますよね?メラミンスポンジは細かい傷がついてバスタブや洗面のコーティングを削るんで絶対に使っちゃダメですよ」ということでした。ええー。私、とにかく何でもメラミンスポンジを使ってました。特にさきほど書いたチョコレート色の壁は白い汚れが目立つし、あと、レンジ回りとか鏡とか、とにかく何にでも「便利だなあ」と思って使っていたのです。

 

で、お掃除当日は6人がかりでお掃除していただき、要所要所で掃除のアドバイスも戴き、大変に勉強になりました。

 

ここで少しだけ私が学んだことを少しご披露しますと、

1、メラミンスポンジは使わないこと。鏡はダイヤモンド繊維の使われているスポンジを使うこと。

2、ただし曇り止め機能のついた鏡にはダイヤモンド繊維のものは使わないこと。

3、石鹸カスが付くので、風呂場で石鹸は使わないでボディソープを使うこと。ただし、〇〇〇〇以外のものが良い。

4、IHコンロが焦げで黒ずんだのは、クレンザーを使ってアルミホイルを丸めたものでこすること。

 

他にもいろいろお聞きしたのですが、とにかくシンクからコンロから鏡から何にでもメラミンスポンジを使っていた私は、掃除場所別に何を使って掃除すればいいかを教えてもらうことがほとんどでした。

 

ちなみにダスキンさんでは、4週毎とか8週毎とか定期便を頼むとお安いそうです。「うちは共働きだし、掃除の間家にいるのが難しいなあ」というおうちは、自宅の鍵をダスキンさんに(信頼のもとに)預けておけば、留守中に入って掃除しておいてもらうこともできるそう。

 

と、ダスキンさんの宣伝のようになってしまいましたが、たまには他人目線で掃除をしてもらうサービスを入れてみるのもいいかなと思います。お風呂場でも天井とか、なかなか普段はやりづらい場所も、電球まで外して掃除してもらえたりします。

あと、掃除が苦手な理由の一つに「こういうところはどうやって掃除をするのが正解か分からない」というのもあると思うので、プロのかたに質問してみると案外丁寧に教えてくれたりしますよ。

2018/08/30 15:23

こんにちは。

 

ご存知のかたも多いと思いますが、漫画家のさくらももこ先生がお亡くなりになりました。私も同世代なので、かなりショックを受けました。

沢山のかたがさくら先生の死を悼みいろいろな文章を書いておられますので、私自身はあれこれと語るのはどうかなと思いますが、私も一言書かせてもらえるならば、私が大好きだったのは『コジコジ』という作品でした。コジコジというのは主人公の名前で、メルヘンの国というところに住み、学校に通い、いろんなものが擬人化したようなクラスメイトと一緒に楽しくものんきな日々を送るという漫画です。それぞれ「お正月」を擬人化した「お正月くん」とか太陽を擬人化した「ゲラン」とか変わったキャラクターが沢山出てくるのです。

 

コジコジの素晴らしいところはたくさんあるのですが、一番好きなシーンはコジコジがあんまりおまぬけなので学校の先生が「きみはいったい何になりたいのか?」と問うと、「コジコジはコジコジだよ。コジコジは生まれたときからずっと、将来もコジコジはコジコジだよ」と答えるところかなあ。コジコジは宇宙とか世界とかあらゆる生命そのものを象徴したようなキャラクターだったんでしょうね。

 

最後に私が長年愛用してきた自室に掛けてある『コジコジ』のティッシュカバーの写真を掲載します。

IMG_1294.jpg

 

どうでもいいですが、ティッシュペーパーって箱本体の重みで一枚取り出せるので、写真のように壁に掛けると上手く取り出せなくてわりとイライラしますね。

2018/08/28 14:29

みなさん、こんにちは!

 

IMG_1289.jpg

 

今日は先日、『カメラを止めるな!』という映画を観た話を書きます。
今、巷で話題になっている『カメラを止めるな!』をご存知でしょうか。岡山では8月24日から2館で上映が始まりました。低予算で作られためちゃくちゃ面白い映画、ということしか知らなかったのですが、SNSで話題になり、東京のほうの上映館では満席で入れなかった人がいたというぐらいのヒットに。それを受けて各地で上映館が増えたようです。

私は極力、事前の情報を見聞きしないようにして先入観なしで劇場に行きました。日曜の朝一番の回でしたが、広めのスクリーンでほぼ満席でした。

特に後半は観客がみんな爆笑していました。

あー、面白かった!笑った!そして、作った人たちの気持ちが伝わってきた!

 

と、余韻に浸りたいところですが、私は実はその日は昼の12時に映画が終わってから、ダッシュで12時半から開催の映画サークルに参加するために暑いアスファルトの上を走ったのでした。

映画サークルでたった今観てきた『カメラを止めるな!』について観たまんま熱く感想を語り合った!

 

わけではなくて、前月に課題として決めたものについて語り合います。今回の課題は洋画は『オーシャンズ8』、邦画は『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』という映画でした。『オーシャンズ8』はオーシャンズシリーズを知っている方ならご存知の、犯罪集団が繰り広げるアクションコメディですが、今回の特色といえば全員が女性。その女性たちの国籍が多様だったところに目が惹かれました。もう一本の『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』は少し重たい映画で、高校生に入学したばかりの主人公の志乃ちゃんは吃音、特に母音から始まる単語が言葉にしにくいということで高校でも孤立してしまう。そんな彼女が加代ちゃんという女の子と出会い、少しずつ心を開いていくというお話です。最後は、単純に志乃ちゃんが自由にしゃべれるようになったり、加代ちゃんと仲良くコンビを組んだりして終わるという終わり方ではありません。どちらかといえば、寂しい終わり方だと思う人の方が多いでしょう。私は、自分が人前でしゃべるのが苦手だったためスピーチを習いに行っていたので、志乃ちゃんの気持ちがひしひしと伝わってきました。
私が抱えているパニック障害と一緒で、吃音も完治する症状ではありません。それをまずは自分が受け留める。でも日常がすぐに変わるわけではない。そんなお話でした。

 

さて、来月の課題を決めようというところで、『カメラを止めるな!』も候補に挙がったのですが、一人のかたが「ちょっとストーリーが単純かな」というようなことを仰りました。ストーリーが単純なことは決して悪いことではないのですが、映画の感想を語り合うサークルの性質上、多様な観方ができる映画のほうを課題に据えやすいんです。

私もそのときは確かにシンプルな映画だなと思ったのですが、帰宅して映画を思い返しているうちに、実は単純に見えるけれども、ものすごく繊細な計算があったよなあと印象が徐々に変わってきました。良い映画には、単純に見えてもその背後の沢山の情報が緻密に組み合わさっていることが多い。更にその計算を上回る作り手の情熱が現場で引き起こす出来事が奇跡の一本を生み出すのだと思います。

 

いやまあ、そういうことはどうでもよくて、この映画に関わっているスタッフ全員が愛と情熱で笑いと感動を届けてくれる。それを観に行って欲しいなと思います。ネタバレ厳禁の映画なので、伝えられる範囲で伝えたいと思います。

【前半】
・なにこれ?
・割とグロい?
・違和感
・このおばちゃん、何者?

【後半】
・笑える。
・泣ける。

ぽんっ。

2018/08/27 13:51

みなさん、こんにちは!

 

毎年恒例になっていますが、先週の25日の土曜日にアイビースクエアのビアガーデンで会社の暑気払いを開催しました。今年はいつもよりちょっと遅い8月終わりとなりました。

 

今年の夏は本当に暑かったですね。18時から始めたのですが、この時間はまだまだ暑くてジョッキもかなり汗をかいてます。

IMG_1281.jpg

特筆すべきは、上の写真のジョッキの中身がアルコールではないってことかな。実は私、最近ちょっとアルコールを控えてるんですよね。特に具合が悪いとかではないのですが、最近は医療ものの小説やエッセイにハマってるんです。そこにアルコール呑むとおトイレが近くなる理由が書いてありまして。それがですね、アルコールには利尿作用があると思われてますがそうではなくてアルコールは体に悪いから体がアルコールを排泄しようとして、本来出てる抗利尿ホルモンが抑えられておトイレが近くなるそうです。

 

そう考えると、アルコール呑み過ぎって身体さんに負担かけてるんだなと思いますよね。なので、身体さんに謝る意味でも先週はアルコールを控え気味にした私です(とりあえずね)。

 

今年は内定者の3名中2名も参加してのビアガーデンになりました。内定者とはこういうシーンで食べたり飲んだりしながらおしゃべりすると人柄が伝わってきてなかなか良いなあと思います。2名のうち1名は夏休みもなく学校の課題に必死で取り組み、もう1名は夏休みは暇だなあと思って過ごしてるみたいで、そういうギャップも面白かったです。

IMG_1283.JPG

 

数字上の気温はまだまだ暑いですが、そろそろ秋の気配も感じるこの頃。夏が終わると年末に向けたノベルティグッズの企画を考え始めなくちゃと焦る私なのでした。