社長ブログ

株式会社アイネット

2022/03/30 17:58

こんにちは!


今日は令和3年度の最後のブログ更新になります。


最初にご報告ですが、今年の5月に念願の関東オフィスを横浜にオープンさせる運びとなりました。長く関東のお客様とお付き合いがあるにもかかわらずなかなかオフィスを出せておりませんでしたが、関東のメンバーと相談を重ねて何とか拠点を作ることができそうです。また改めてご報告させていただきます。


さて今日の話題は、現在放映中のNHKの朝の連続テレビ小説『カムカムエブリバディ』の制作統括の堀之内礼二郎さまのご講演を聴くことができてとても良かったので、その話題です。

IMG_6770.jpg

堀之内さまはNHKでドキュメンタリーや情報番組からドラマ制作に移られ、一年間ハリウッドでプロデュース術も学ばれたかたです、若く溌剌とした印象の方で、こういう方だからこそ『カムカムエブリバディ』という素敵な朝ドラが生み出せたのだなと感じました。


演題は『地方創生に必要なものを番組作りの視点から考える』でしたが、裏話も含めていくつか印象に残ったことを書き留めておきます。


なぜ最初の舞台は岡山だったのか(大阪と京都はすでに決まっていたそうです)という理由ですが、
 ・ラジオ英会話講師を務めた平川唯一さんの出身が岡山県だったから
 ・ラジオ電波が届く地域であること(当時、ラジオ局が限られた地域にしかなく岡山は電波が届く範囲だった)
 ・野球が盛んだった(勇が野球好き)
 ・戦後からの復興を経験した地域である
などいくつかの条件が揃ったからだそう。結果として岡山で良かったと感じられたそうですが、それは岡山の人が岡山を愛している、岡山県民の岡山愛が強い地域ということもあるみたいで、岡山の魅力は「人」だそうです。
今回のドラマでは、あえて舞台の転換シーンで「岡山」といった地名を出さなかったことで、見る人の「ふるさとへの愛」という普遍的感情に訴えるものになったとも仰っていました。


また堀之内さんがプロデューサーをするうえで気を付けていることですが、

1、意見を言ってもらうための環境を作る
 ・いつもにこやかにする
 ・意見を言ってくる人を遠ざけない
 ・立場の弱い人を大切にする
 ・自分の弱さを隠さずに見せる


2、欲に負けない
 ・常に見られている意識を持つ
 ・役得を意識的に避ける
 ・つらい仕事を積極的に引き受け、逃げない
 ・愚痴や悪口を言わない


といったことを挙げておられました。特に、「役得を避ける」というのが印象に残りました。立場上、俳優さんのサインをもらったり写真を一緒に撮ってもらったりということも可能だそうですが、そういうことをやらないようにしていたとのこと。


最後にハリウッドで学んだことについて聴衆から質問を受けての答えですが、堀之内さんはハリウッドでプロデューサーさんたちに「良い作品を作るために一番大事なことは何ですか?」と訊いて回られたそうです、その時の答えが全員同じで、「パッション」だったというのです。
アメリカ人の映画の情熱はとても強く、彼らに届く映画を作るためには強い情熱が必要だということが分かったそうです。


『カムカムエブリバディ』の放送も残すところあとわずか。大事に残りの放送を観たいと思います。


意外にも岡山県民は岡山が大好きだということもお聞きできて良かったです。

2022/02/01 11:46

みなさん、こんにちは!


昨年、テニスの前のアップでNintendoSwichのフィットボクシングが良いということを書きました。個人的な経験としてスポーツ前に10~15分くらいのアップをしておくと、脳と神経の接続が良くなるのか試合での反応が確実に良くなります。テニスのレッスンがだいたい一回80分ですが、多くの人が、「レッスンが終わる頃になってようやく調子が上がってくる」ということを言っているので、「それは!アップを!しておくといいよ!」って心の中で思ったりします。別にフィットボクシングでなくても、素振りでもいいですし、テニス動画を見てイメージトレーニングするだけでも違ってくる気がします。


その運動のアップにあたるものとして、私が最近やっているのはフォトリーディングです。やり方は『あなたもいままでの10倍速く本が読める』という本に添ってますが、5段階くらいの過程を厳密にやると大変なのでその中でもメインのフォトリーディングの部分だけを取り入れてます。

20220201.jpg


本を見開き一秒くらいで、目の焦点を合わせずにフォトフォーカスという方法でイメージで捉えていく方法なんですが、上手く身に付けられなかったのと根気がなかったのでやめちゃってたんですね。なんとなく「フォトリーディング=速読=時短で技術を習得」って眉唾もんだなって思ってました。それが最近ちょっと習慣的に一日に1~2冊気楽にやるようになって、特にそれで本が劇的に理解できるようになるというわけではないのだけどそれでもいいやと思ってやっていて、2~3日して気付いたのですが日中の集中力が上がってる実感が確実にあります。


たぶん、ですがフォトリーディングが脳のちょうどいいアップになってるんじゃないのかと推測しております。


説明が難しいのでおススメはしにくいのだけど、何か習得したいテーマを持っているなら、フォトリーディングをしただけでは身につかなくてもそのあとの精読が楽になるというメリットもあるので、良ければ試してみて欲しいです。一方で手っ取り早く何かをマスターしたいという下心が強すぎるとうまくいかないんじゃないかなあ(以前の私がそうでした)。

2021/12/27 17:32

新しい年を迎えるにあたり久しぶりに某学習用にテキストを買いました。

20211227-1.png

 

それで思ったんですが、新しいテキストって入手した時だけ一瞬やる気が上がりますよね。趣味の道具でも新調したタイミングでモチベーション上がったりして。

 

でも、ふと振り返るとやりかけ、読みかけのテキストがけっこう放置されていたりします。買った瞬間がモチベーションの最高潮であとは下がる一方になりがち。

20211227-2.jpg

 

で、モチベーションが下がったなあと思ったら、やる気を呼び戻すためにまた新しい道具やテキストを買う。

20211227-3.png

 

 

モチベーションを上げるために何かを新調する癖がついちゃうと、逆に新調さえすればモチベーションが戻る、みたいなことに頼っちゃうんで長続きしなあという反省。来年は一冊を最後まで使いこなす、みたいなところとしっかり向き合いたいです。

2021/12/23 12:42

みなさん、こんにちは!


最近の私は、部下の人のアンガーマネジメントについて自分でも何かできないかなあと思って勉強しているところです。


最近読んだのは『怒りの哲学 ー正しい「怒り」は存在するかー』なので、ちょっとこの本について紹介していきたいと思います。まず読み始めてすぐに気づいたのはこの本は私が想像していた「自身のメンタルのコントロール」についての本とは異なっているということでした。

20211223_2.jpg


この本の構成は少し変わっていて、アグネス・カラードという哲学者の人が怒りについての持論を問題提起として挙げ、それに対して9人の哲学者が応答する形で文章を出し、更にアグネス・カラードがそれに応える文章を出しており、文章形式の非常に深い対話がなされています。


なので、読むのにはかなり時間がかかってしまいました。


通常、アンガーマネジメントなどで取り上げられる「怒り」は、怒りからくる衝動的な言動から本人が周囲との人間関係や社会生活を破壊してしまうこともあるような、そんな「怒り」のことです。


が、この本で取り上げられている「怒り」はもっとその人の属性における歴史的背景などからくるものが中心です。この本の著者であり問題提起者のアグネス・カラードはユダヤ人として生まれ、移民としてアメリカに渡り、祖母は強制収容の生き残りであったということを知れば、その理由はすぐに理解できます。なので、本の全般を通して、ホロコースト、奴隷、ヘイト、ジェンダー、など一筋縄ではいかないさまざまな言葉が出てきて、議論は非常に深いものになります。

 

「怒り」というと、現代社会ではむき出しで表現するのは忌み嫌われる感情として扱われて、いかに「怒り」を自分の中でうまく処理して消していくかは一種の処世術とすら考えられていますが、カラードの最初の問題提起ではこう書いています。


「怒りを強引に押しつぶしてしまうと、自尊心を失い、さらには道徳的な基盤を失ってしまう。本物の不正行為を目の当たりにしながら怒りを抑えることは悪を黙認することになる。それゆえ私たちは与えられた状況下で自分自身にどれだけの怒りを許すかという複雑な問題に直面する」


と。


「怒り」は、周囲との関係を破壊してしまう「浅い衝動的な行為に繋がる怒り」もありますが、「人種やジェンダー由来の消えることない静かに燃え盛る怒り」もあり、この本は主に後者の怒りについて書かれているのです。


今の社会では往々にして前者の怒りに注力してしまい、自身の道徳や尊厳を守る怒りについてはあまり語られていないのではないでしょうか。


いずれにしても自分の中の怒りの感情を感じた時に、その由来について判断し、外からの刺激への反射行動としての怒りなのか、自分の正義を守りたいための怒りなのかを選り分け、適切に処理できるための感情管理をすべきだと思っています。義憤も暴走すれば恐ろしいですからね。


あともう一冊。


15年ぐらい前に出た有名な本ですが、スリランカのお坊さんであるアルボムッレ・スマサナーラさんのご著書『怒らないこと』も挙げておきます。私が最初に自分のメンタルのコントロールの必要を感じた時に読んだ本ですが、これは「衝動的な浅い怒り」に対して、どう対処すればいいかが書かれています。

20211223_1.jpg


冒頭ですがこう書かれています。


「私はよく「怒りたくないのに怒ってしまうのです」といった相談を受けるのです。
応えは明白です。簡単で、完全な方法をお教えします。
それは「怒らないこと」です。」

 

これには割と衝撃を受けました。怒りは自分のチカラではどうしようもないものではなくコントロール可能であることがここに書かれています。アドラー心理学で、「母親が先生と電話で話しているときはにこやかなのに電話口をふさいで子供を叱り、また電話に戻るとにこやかにしゃべる。つまり怒りは出し入れできる」みたいなことを読みましたが、これも同じことと思います。


15年も前にこの本を読んだのに、未だに器の小さい私ですがちょっとずつでも自分をコントロールできるようになりたいものです。
 

2021/11/18 18:06

みなさん、こんにちは!


テレワーク、頑張ってますか?なんだか疲れてないですか?テレワークが疲れる原因のひとつに「飽きる」っていうのがあるかなあと思っています。季節の移り変わりも肌で感じにくいために、生活が単調で、これが意外とストレスになりますね。


なので私は「日本に四季があって良かったなあ」と、コロナ禍だからこそ実感します。衣替えをしたり季節の食材を食べたりするっていうのは四季がはっきりしている国ならではの環境変化ですよね。あと、趣味や勉強なんかもマンネリ気味になってしまったら何かの変化をつけるといいのかなと思います。道具を変えることで再びモチベーションが上がることってありますよね。


そんな「日常の変化」に着目している私が最近買って良かったなあと思っているのは洗濯物干しです。NHKの「あさイチ」という番組で、家事の時短の特集の時に紹介されていてさっそく買ってみました。


こういう感じの干物の天日干しの網みたいな感じのです。わりと大きくて場所を取ります。

20211118.png


ピンチに挟まず並べるだけなので手間が省けるのがメリットというわけですが、私は時短というより、「洗濯物を干す」という行為の「上から吊るす」が「並べる」に変わったことの変化のせいかけっこう洗濯物を干すのが楽しくなりました。あと細かいことですが洗濯ばさみで挟んだ跡が残らないとか、洗濯ばさみを手ではさんでいくのが案外疲れる、などからも解放されました。
そして干物のように干された洗濯物たちを乾いた頃に家族が各自取り込んでいくシステムになっています。


重力をかけたくないような、たとえばぬいぐるみなんかも干しやすいかなと思います。


こういったコストのかからないマンネリ脱却方法、他にも見つけたいと思っている今日この頃です。