社長ブログ

株式会社アイネット

2018/12/12 11:48

みなさん、こんにちは!


年末らしい記事を書きます。今年買って良かったもの・取り入れて良かったサービス、です。今まで、年末になってから「買って良かったな~」としみじみ思うことがあまりない人生を送ってきたのだけれど、それは実用のものをギリギリで買うような生活しかしてなかったから。今年は自分の体力の復活と、あと、親の入退院もあって生活の見直しをしたので、「楽しい」「時短できる」「モチが上がる」「QOLが上がる」買い物ができるようになってきたかなと思います。


1、2018モデルiPadPro12.9インチ
まだ届いてもないのに一番の挙げるのはどうかと思うけど、絶対に良いと思うのね。漫画描くのとマガジン読み放題サービスに使おうと思ってます。iOSはアプリ開発者泣かせだけど、iPhoneユーザはiPadとセットで使うのは快適。

 

2、23インチディスプレイ
驚くことに、私はこれまでIllustratorやPhotoshopを使うのに外付けディスプレイも使わずにノートPCで描いてたのですよ(仕事は別)。PCのスペックもフルに発揮できてないし、なんて不便な生活をしていたのかなと我ながら思います。

20191212-5.jpg


3、スマホ用プリンタiNSPiC
Bluetoothでスマホに接続できて、専用シール台紙に写真が印刷できる。私は電子工作の記録に使ってるけど、手帳愛好家のかたにニーズありそう。フレームなんかも各種用意されてるし、いろいろ楽しみ方あると思います。

20191212-1.jpg

 

4、カリグラフィ用パイロットプレラ
このペン先で絵とか字を描くの、超ハマってます。

20191212-4.jpg

 

5、安価なMP3プレーヤー
キッチンに常備して、Bluetoothスピーカーと組み合わせて音楽やNHK英会話を聴きながら料理や掃除してます。今まで音楽を聴く余裕を失っていたんだなあとしみじみ思ったりして。最近は目も疲れるので、耳で情報を入れるほうにシフトしてます。

20191212-3.jpg

 

6、東大開発のアミノ酸「体力」
とにかく、アミノ酸必須。

20191212-2.jpg

 

どれも、もともと持ってる人達は持ってるようなものが多くて、家族にも「買ったら~」ってよく言われてたのですが、私はここ何年も家でゆっくり過ごせていなかったのでなかなか購入する気持ちの余裕がなくて。でも、こういうことで家の中での過ごし方が劇的によくなるのはとても嬉しいですね。

あと、今年取り入れて良かったサービスは、ダスキンの12週定期での水回り三ヶ所掃除サービス。楽天マガジン(dマガジンに替えるかも)の雑誌読み放題サービス。あとブックオフのオンライン買い取りサービス。

結論としては、人は余裕がないと余裕を楽しむサービスを取り入れる余裕がないってことかな。

2018/12/05 16:04

みなさん、こんにちは!

 

今日は2回目の更新です。すみません。師走で社長ブログをなかなか更新できないので、社内にいるときにまとめて更新してしまってます。

 

ところで、私はしょっちゅう色んな考察をしては家で夫に語り、ウザがられています。それをたまに漫画にしてここに吐き出していってます。

 

最近では、「(私もたまにやらかしますが)同じ話を何度も語る人は、語ったことを忘れて何度も語ってしまい、聞いた方は覚えているのはなぜか」ということを考えていました。20181205-1.png

 

何度も語られる話。それはもはやストーリー。人はストーリーを語るのは、カラオケと一緒で「気持ち良い」のではないでしょうか。嫌なことは何度も繰り返したりしませんから。

20181205-2.png

つまり、脳のしくみとして、「気持ち良い」。

20181205-3.png

 

言い伝えを伝承するのにまだ文字が発明されていなかった時代、伝えたことを人は歌にして口伝えに伝えてきました。ストーリーを語るのを気持ち良く思うのはその名残りではないでしょうか。

 

ま、単純に老化ってこともあるので、自慢話を繰り返してしまう大人にはならないように気を付けようと思っています。

2018/12/05 15:38

みなさん、こんにちは!

 

師走ですね〜。忙しいですね〜。

 

私の方ですが、12月に入ってしまうとお互いに忙しくなるので、11月の最終週に関東方面の客先のご挨拶回りを済ませてきました。毎年一人で複数社回るので、移動やアポを考慮した行程の組み立てと自身の体力がポイントとなります。

 

特に前半はお配りするノベルティグッズがキャリーケースにギッシリ入ってますので、荷物も重い。年々体力も落ちてきてますので、無理をする自信がありません。

そんなわけで、けっこう準備に時間がかかります。

 

今年は特に工夫したのは、
・一日に無理にたくさん回らないように緩めに行程を組んだ
・体力や持久力を維持するために、食事は肉類、特に鶏胸肉を増やして、アミノ酸を摂取。お腹を考慮して毎日明治のR1ヨーグルトを補充
・キャリーバッグは最近の軽いものに随時買い換える
・客先でのいただきものは宅配で地元に送る

などを気をつけました。今年の冬は暖かく天候に恵まれたので、そういう意味でも移動がし易かったです。

 

が、初日一社目から日本酒と小川軒の元祖レーズンウィッチを戴いてしまい…。これが両方とも重量があり、大変重いわけです。

IMG_1849.jpg

 

翌朝、近所の郵便局に駆け込んだのですが、日本酒は割れ物用の梱包されてないし、レーズンウィッチは地方局では冷蔵での受け入れができないとのこと。なんとか日本酒は頼み込んで梱包をして発送してくださることになり、レーズンウィッチはこの時期なので普通に送っても大丈夫だろうということで自宅に送りました。

というわけで、今年も酒が社内にじわじわと増えております。各位、よろしくお願いします。

 

今回は、会社の玄関を入ったところにIoT水耕栽培で野菜を育てている会社があり、許可を戴いて写真を撮らせていただきました。

IMG_1873.jpg

 

金曜は横浜の「旬彩亭」で関東メンバーと忘年会でした。

IMG_1881.jpg

 

将来的には関東に事務所を出したいと考えているので、今回はそういったことを考えながら全行程をこなしてきました。

 

12月は県内のお客様へ年末のご挨拶に順次うかがっております。にしても、今年のノベルティグッズはなかなか好評で嬉しいです。

2018/11/22 10:25

みなさん、こんにちは。

 

今日は眠りの質が落ちてきたので対策を取ったことについて書きます。

最近は年齢のこともあるのでしょうが、以前より眠りの質が落ちたと感じていました。特にアルコールを摂取し過ぎると眠りが浅くなり、中途覚醒が増えます。それだけならまだしも、夜中に目が醒めた時に仕事のことが気になったりするとますます眠れなくなります。

そんなこともあり、自宅ではお酒を呑まなくなったのですが、今度はアルコールを呑まないとどうやったら入眠できるかが分からなくなり、寝つきが悪くなりました。

20181122_1.png

そんなわけで、生活の見直しをすることにしたのですが、そこで気付いたのが…。

たとえば、料理をしながらラジオ英会話の音源を聴くとか、

20181122_2.png

ドラマを見ながらゲームをするとか、

20181122_3.png

「〇〇しながら〇〇する」という行動パターンがあまりに多い。なぜなら「時間がもったいないから」。そのため、寝るときも、「ただ横たわっているのはもったいないからついつい何か思索を始めてしまう」という状況に陥っていました。これでは本来、入眠のためには脳をクールダウンさせないといけないのに、頭がフル回転してしまいます。

20181122_4.png

なので、ここ最近は「リラックスする練習をする」という生活をしていました。

「〇〇しながら〇〇する」というのを控え、就寝ギリギリまで勉強するのをやめました。入浴後に本を読みたいときは電子書籍ではなく紙の小説を読むようにしました。

布団に入ったら、真っ暗にして無音で寝ていましたが、そうすると頭が思考に集中し過ぎるので、香りや小さな音や薄明かりで考え事に集中するのを分散して、周囲の環境に身を委ねるようにしました。薄明かりや小さな音はタイマーで30分したら切れるようにしています。

そうやって少しずつ、夜中に目覚めることもなくなっていった私です。

20181122_5.png

父のサポートや、仕事、家事、趣味、勉強などあれもこれもとこなそうとすると常にタスクを並行してやる癖がついてしまいますが、これは結局、集中できてないのに脳が過剰に空回りしている感じになっているのかなと思います。

 

といわけで、今日は「リラックスの練習」について書きました。

2018/11/21 11:45

みなさん、こんにちは!

今日は久しぶりに採用のことについて書こうと思います。19卒の採用は、多くの企業で終わったかと思いますが、まだまだ当初の目標人数に到達しないからと採用活動を続けている会社もあるようですね。弊社は今年も三名のかたに内定を出し、三人ともと定期的にコンタクトを取っています。このまま来春に三名をお出迎えできることを楽しみにしています。

で、採用ですが、ここ数年の傾向として、採用の解禁前の採用に繋がる動きとして「インターンシップ制度」を使っての採用に向けた母集団の形成を促している就活ナビサイト企業も多いようです。が、私としては、インターンシップを採用活動の一部のように考えるのはどう考えてもおかしいと考えています。学生には学校で学べることをしっかりやってきて欲しいのに、学校側もインターンシップへの参加を単位に振り替えるところも多く、なんだか変なことになっているなあと感じます。

ともあれ、人事というのは、翌年卒者の採用が終わったらもう休む暇もなく、内定者のフォローと翌翌年卒者の採用スケジュールを考えながら準備を始めないといけないんですよね。弊社でも、既に来年の採用に向けたスケジューリングを始めています。

 

さて、昨日は弊社も所属する業界団体であるシステムエンジニアリング岡山にて、リクルート分科会が開催されました。

IMG_1809.jpg

 

この分科会は、数年前、総務委員会から派生して別に活動が始まった会ですが、各社の採用に悩むトップや人事の方が集まるので、けっこう活発な意見交換や情報共有ができます。採用のやり方ひとつとっても大手と弊社では真逆の考え方で採用に取り組んでいたりして、どちらが良いとか悪いとかではなく面白いし参考になります。お互いの悩みも共有できるので、メンバーとも仲良くなれますし。


最近、有志の勉強会でも採用の悩みを聞くことが増えてきました。スタートアップの時は若手でも経験のある人で構成されていた会社もだんだんと年齢が上がっていくわけで、どこかでは新しい人を育てていくのがいいかと思います。そのためのノウハウこそが会社の強みにもなるので、もしご興味があればこういった業界団体でやっていることにも参加してみてはいかがでしょうか。

実は、私が来年からリクルート分科会の委員長をやりますので、楽しい会にしたいと思っています。