社長ブログ

株式会社アイネット

2020/06/30 14:08

みなさん、こんにちは!


今日は、習い事のときに「初心者レベルのこといつまでやらせるつもりだよ!」と不満だった話を書きます。


弊社の新人教育は役員三人の他に四人ぐらいがそれぞれ担当を決めて関わっているのですが、6月の後半からは私が担当しています。私の担当はRaspberryPiという手のひらサイズのシングルボードコンピュータを新人の人に一つずつ渡してのLinux研修です。普通ならなかなかroot権限で触ることができないLinuxOSですが、自分ひとりで占有できるので失敗を恐れずいろいろなことができるんで教育用にとても良いんですよね。


ところで話は変わりますが、私は昨年の12月からテニススクールでテニスを習い始めてます。まだ半年なんですが、早く上のクラスに上がりたくてしょうがないんです。私が所属するのは「初心者」クラスです。その次に「初級」があって「中級」があって「上級」があります。「初心者」クラスは、まだフォームの基礎練習が多いので、本物の大きなコートではなくて小さなコートでやるんです。あとクラスが週一で一時間弱なので全然物足らない。なので、お友達と屋外のテニスコートを借りてやったりするんですが、スクールでは大きなコートでやらせてもらっていないので大きなコートの感覚がつかめない。ことあるごとにコーチには「早く上のクラスに上がりたい」というアピールをしてます。


先日は特に自分の課題であるバックハンドとボレーをマスターしたくて、初めてスクールの「プライベートレッスン」を受けました。一時間、コーチとマンツーマンなので、自分が気になっているところを重点的に教えてもらえて大満足でした。で、帰り際にコーチに「初級クラスで毎回レッスンの冒頭でラケット上でボールをポンポンするの、あれ意味あるんですかー?」って訊いたんです。そしたらコーチが「ありますよ。打面の調整になるんですよ」って言われて、「あっ」って思いました。なんとなく私には「初心者がボールに慣れるためにやるための練習」を半年も一年も経ってもやらされるのってやだなあと思い込んでいたんです。でも、テニスで球が思ったほうに飛ばない原因って必ず球にラケットの面が真っ直ぐ当たってないからなんですよね。で、知らず知らずにズレていく打面を調整するのに、ラケットの上でボールをポンポンするのめちゃくちゃ大事なのではって気づきました。


振り替えれば、人生でいろいろな習い事をしてきましたが、こういう「初心者がやることをいつまでもやらされる不満」っていうのを、私はいつも抱いてしまっていたことに猛反省です。


たとえばスピーチを習っているとまずは「ア・エ・イ・ウ・エ・オ・ア・オ」から始まる腹式呼吸の発声練習と「拙者親方と申すは~」で始まる「ういろううり」の口上っていうのをやるんですよね。


あと筆ペンは今は準五段で、もう習って八年以上になりますが、定期的に課題が運筆練習と漢字の「一」から始めるのに戻るんで、「もっと難しい漢字を書きたいなあ」と思いつつ「一」とか「二」とか書いているわけです。ちなみに運筆練習って、こういうのをくるくる書いたりして筆運びを練習することですね。

IMG_4333.jpg


つまり、初心者でやることは「初めての人だけがやる」んではなくて「基本の練習」なので、定期的に、というより毎日でも立ち戻る必要があるものばかりだったんですが、私はなぜか「あの先生、初心者がやるようなことばかりやらせるなあ」という不満を抱いていて今更その考えは間違いだと気づいた次第です。お恥ずかしい。


そんなわけで、Linuxの研修もそうですが、新人研修というのはあらかじめ用意した手順でサラッと一巡したら終わり、となりがちだったんですが、そうすると数ヶ月後に確認するとまったく身についていなかったりする。なので今回の研修ではOSのインストールをさせたあといくつかいろんな設定をしてもらったりして、手順書を作ってもらい、そのあともう一度OSを再インストールしてもらって手順書見ながら作業してもらって、と繰り返してもらっています。何度もやることで必ずそのたびに気付きがあると思ってますし、教える側もまた初心に戻っての気付きがあります。


技術って新しいものや難易度の高いものを追いがちですが、基本に立ち返ることもまた大事ですよね。その「基本」そのものが時代と共に変わっていくことも体感できたりしますし。

2020/06/26 11:08

みなさん、こんにちは!


ちょっと時系列が前後しちゃったのですが、今月の初旬にウェブクリエイターズ高知が主催するよつばデザインの後藤賢司(ごとう けんじ)さんが講師を務めてくださった『ウェブ制作者のための動画活用と制作手法』という有料オンライン講座を受講したので、そのことについて書きます。

5ec8d9e41e9b1.jpg


昨年はいろいろあってあまり勉強会にも参加できず特に県外はぜんぜん行けていませんでしたが、このところ各地のコミュニティイベントがオンライン開催されるケースが増えてきたので県外主催のイベント参加へのハードルがぐっと下がりましたね。


SNSで流れてきたこのイベントの案内を見たとき、動画の録画やLive配信スキルは当たり前になりつつあるというか、ちょっと興味を持つのが遅過ぎかもと思っていたので即参加を決めました。


当日はzoomというオンライン配信システムで参加させていただきました。初めてのかたばかりだったのですが、エンジニアさんが参加するコミュニティ独特の空気感を久々に感じて、リラックスして参加することができました。


内容は圧巻のスライド300枚。具体的な事例も豊富で、その事例ごとにどんな事業者でユーザが何を求めているかを踏まえた制作ポイントがまとめてあり、なるほどこの動画であればこの業者さんを選びたくなるなあとわかる魅力的な動画を見せていただくことができました。
あと、これから始めたいと思うかたはどんな機材を揃えたら良いのか、いくらぐらいかかるのか、どんなテクニックを使えばプロの仕上がりになるのか、台本やシナリオはどんな風に作るのか、スタッフとしてどんな役割があるのか、リスクとして発生しうることをどうやって事前に費用に載せておくか、など、とにかく盛りだくさんで参加費の元が取れるどころかおつりがくるぐらいでした。


そのまま懇親会も参加させていただき、オンラインでそれぞれの方の仕事や課題などについて意見交換しながら楽しく過ごすことができました。オンライン呑みだと時間延長してダラダラということもあるのですが、二時間きっかりでミーティングを閉じていただけたこともすごく良かったです。


弊社でも早速、役員のかたたちと動画のコンテンツについて考え始めています。敷居が高いように思えますが、意外と手近な機材で始められるのも動画制作の魅力ですね。


またいろんな勉強会に参加したい~、あるいは開催してみたい欲も高まりました。

2020/06/24 17:39

みなさん、こんにちは。


今日は父の一周忌の法要を自宅で行ってオンライン中継したことについて書きます。昨年、私の父であり弊社会長であった岩崎重治が逝去したのが6月15日のことでした。あれからはや一年が経ちました。


昨年、葬儀を終えた時点で、同じホールで一周忌を行うように予約を入れていたのですが、その後、社会は新型コロナウィルスのことで県境をまたいでの行き来がしにくくなってしまいました。今、近い親族は、横浜、大阪、島根と離れています。皆さんに連絡をしましたが、皆、このようなときに集うことを躊躇しました。いろいろ迷った挙げく、6月13日の土曜日に自宅で一周忌を執り行うことにしました。参加するのは私と私の家族だけです。三人の寂しい一周忌になりましたが、思い立ってオンラインで法事の様子を中継することにしました。前日には自宅に小さな祭壇をレンタルして飾り、お坊さんには連絡してオンラインでの中継の許可もいただきました。

IMG_4261.jpg


母も妹も叔母もオンライン会議システムは初めてです。特に母と妹はスマホでの参加が不安だったので、当日までに何度か練習をし、なんとかやり取りができるところまでこぎつけました。当日も、無事にオンライン配信の様子を見てもらうことができ、島根の叔母(父の妹)も「どうなるかと思ったけれど、ちゃんと法事がしてもらえて良かった」と涙ぐんで喜んでくれました。


こういう法事の在り方の良い点は、離れていたり身体の具合がよくないかたの参加も可能であること。移動で長い時間を拘束されなくて済むこと。一方で良くない点はやはり、オンラインでのやり取りに慣れていない方を緊張させたり参加がうまくできない方を出してしまうこと、あと、法事の事前準備や事後の御礼の連絡を私のほうでやるので負担が大きくなることでしょうか。


一長一短ありますが、こういう時だからこそダメ元でも連絡してみて、新しい生活様式にチャレンジしてもらえたのは本当に良かったと思います。お互いに「三回忌には集えると良いね」と言い合って、オンライン中継を終了したのでした。

2020/05/22 13:35

みなさん、こんにちは!

 

自粛生活のおともにいろいろと室内遊びが盛んですが、私はわりとありがちなNintendoSwitchというゲーム機で「あつまれどうぶつの森」というゲームをしています。

 

先日もこの話をしていたら「『あつまれどうぶつの森』というゲームの何が面白いのか」と訊かれたので、いろいろと人によって答え方は違うだろうなあと思ったのですが、まず「経済のしくみがある」とこかな、などと答えました。このゲームは二重通貨制になっていて、実際の通貨にあたる「ベル」というものの他に「マイル」というものでしか買えないものがあります。ベルという単位のお金は、ゲーム内時間の操作によって簡単に増やせてしまうので、オンラインで行き来する人達の間ではゲーム内の実作業に対して得られるマイルのほうが信用が高いといったようなことがあります。

あるいは、今作からの機能で「島クリエイター」というものが追加され、これまでは島のレイアウトなどが変えられなかったのですが、今回から河川工事や崖工事などができるようになって地形が変えられるようになりました。これもまた、「自分のお気に入りスポットを作る」などということで楽しみが増えました。

自由度が高いほうがいいなら他の、もっと自由度が高いゲームじゃダメなの?という質問もされましたが、あまり自由度が高いと慣れないうちに挫折しちゃうんですが、このゲームはそのあたりのしくみがとても良くできています。

他にもいろいろありますが、それは周囲のこのゲームを楽しんでいるお友達に聞いてみるといいでしょう。

 

さて、私として気に入っているこのゲームのしかけとして、「日常の単調なルーチンをこなすための工夫」があります。さきほど書きました「マイル」というものは、日々を淡々と過ごすことでも貯められます。下のような画面で、何かこなすとスタンプがひとつひとつ押されていき、いっぱいになるとマイルに交換されます。

20200522-5.jpg

 

で、私も作ってみました。Illustratorで作った台紙を下のようにノートに貼ります。

20200522-1.jpg

 

そしてダイソーでこんなスタンプと、

20200522-2.png

 

これもダイソーですが、以前から持っていた「済」のスタンプを用意します。

20200522-3.jpg

 

そして、ちょっと面倒だなと思っていることや、日々のルーチンを丸いマス目のひとつひとつに書きます。そしてこなして終わるとスタンプを上から押していきます。この例だと芝刈りは面倒で苦手なので5個のスタンプが押せるわけです。更に台紙がいっぱいになると右下の四角いマス目に「済」のハンコを押します。これが一枚いっぱいになるとお小遣いが1,000円遣えることに決めています。

20200522-4.png

 

自粛生活はつい通販で物を買っちゃうこともあるので、お小遣い使い過ぎの抑止効果にもなります。

 

実際の運用はこんな感じです。

20200522-6.png

 

え?こういうの面倒ですかね?私は昔からこういうの大好きなんで、すごく楽しんでいます。生活の中にゲームのしかけを持ち込むのって楽しいですよ。

2020/04/27 10:41

みなさん、こんにちは!


新型コロナウィルスの関係で世の中の状況が目まぐるしく変わっており、今日の正解は明日の不正解になりかねない状況ですがいかがお過ごしでしょうか。


さっそくですが、弊社の取り組みとしては以下の通りです。今後もさらにやれることはどんどんやっていきたいと考えています。


1、一部現場に出向く必要がある業務を除いてリモートワークに切り替えています。
2、現場に出向く従業員について、マスク着用の上で業務にあたるよう留意しています。
3、マスク・消毒液については会社で調達できるように努力し、従業員への配布に努めています。
4、役員3名は交代で出勤をし、当番の役員以外はリモートワークをすることで運営上のリスク分散に努めています。
5、会議や商談はすべてオンラインに切り替えておこなっています。
6、採用活動もオンラインに移行中です。また、事態収束までは新規の会社説明会を取りやめています。
7、来訪者の体温を測るために非接触体温計を準備中です。準備でき次第、出社メンバーおよび来訪者の体温を測ることをルール化し、体温が37.5度以上のかたは入室できないようにいたします。
8、受託案件のセキュリティ要件はクライアントとよく協議をし、リモートワークの際もIP固定ルータやソフトウェアVPNを使用するなどセキュリティ面でのリスク管理も行っています。
9、ただいま社内にいる人員は3名以下の体制を取っていますので、ご迷惑をおかけすることもありますがよろしくお願いします。


さて、上記が会社の取り組みですが、下記に私がここ数日で取り組んだことについて書きます。


1、家庭内のネットワーク環境の見直し


自宅を建ててから10年ちょっとになります。ネットワークについては世の流れにそって家庭内では無線LANでネットのコンテンツを利用してまいりました。が、ここにきて在宅勤務が進み始め、自宅からのオンラインミーティングが増えてきたことを受け、時間帯や場所によって無線だと不安定になることが案外と業務の妨げになると感じましたので、慌てて各部屋の有線での作業を想定して(引っ越す前から使っていた)ルーターを新しくすると同時にLANケーブルも新しくしました。幸いにも家を建てる時に壁の中を通していたのはカテゴリー6だったのですが、長く使ってなかったLANケーブルが劣化により断線していたりしたので、そのあたりは一新。
現時点では以下の速度が出るようになりました。

speedtest20200427.png

 

しかしまさか、iPadまで有線ケーブルでネットに繋ぐ日が来るとは思ってもいなかったです。


2、オンラインミーティング用に会社公式のバーチャル背景が欲しい


オンラインミーティング用のツールは背景に自宅を映したくないという人も多いことからバーチャル背景というのを設定できます。わりとネタっぽいおもしろ画像なんかを用意されるかたも多いのですが、私の場合、会社の立場としてミーティングするのにネタっぽい画像もまずいなということで、会社公式の背景を用意することにしました。とりあえず2パターン作ってみました。

IMG_4068.JPG

IMG_4067.JPG

 


3、オンラインミーティングは顔が映るからライティング大事


オンラインミーティングをすると実感するのが、「自分の顔にめちゃくちゃ向き合わないといけない」ということですね。で、私の場合、家庭で使うミーティング環境はiPadPro、会社ではSurfaceProなんですが、このあたりのラインナップって開発用PCよりカメラが良かったりするんですよね。なので、自分の顔が暗くならないように、顔色良く映るようにと、ライティングが気になりました。


さっそくダイソーで三種類のライトを買ってみました。

IMG_4050.jpg


まず、これは自撮り用にスマホにつけるクリップ型ので、三段階の明るさになります。が、これ、全然使えなかったです。光量が足らなくてスマホの自撮りですら顔に光が届かない。却下。

IMG_4081.jpg

 

次に、これはUSBから電源取るのですが、これも手元用なので全然ダメでしたね。

IMG_4084.jpg

 

で、とりあえずこれです。両側からベカッと顔に当てると少し顔が明るくなります。

IMG_4083.jpg

 

こんな感じです。

IMG_4091.jpg

 

以上、ここ数日オンラインでの打ち合わせが増えたことによる私の工夫でした。動画配信されている人なんかはこの手の知見をいっぱい持っていそうですよね。私も少しでも快適なリモートワークが実現できればと思っていますので「こうやると快適になるよ」というアイディア、募集中です。