社長ブログ

株式会社アイネット

2020/03/31 14:52

みなさん、こんにちは!


今日は恥をしのんで私という人間のスペックを晒しつつ、「自分のリソースが低スペックであるときにそれを何とかしようとお金をかけがちになるけどテクニックに裏打ちされた自信を付けたほうがいろいろ速い」、ということを書きます。


実はこの一年ほどプロフィール用に提出する写真を撮ってもらう場所を探してさまよっていました。最初は市議会議員をしている知人にどこで撮ってもらったか訊いて地元の写真館に行ったのですが、一週間ほど待って加工までされて渡された写真がどうも不自然。表情も肌の質感も含めて社内でも「なんだか気持ち悪いね」ということになりました。もちろん素材の問題はあるのですが、やはり画像の加工の問題のようです。


なのでしばらくしてもっと自然な写真を撮ってもらおうと思い、いろんな媒体の写真も撮っているフォトグラファーさんにお願いして撮影してもらいました。そのときは「写真館で撮ってもらった写真の加工が不自然だったので、自然な仕上がりでお願いします」とお伝えしました。結果、うーん、素の素材過ぎて今一つだなあ、という仕上がり。


何度も言いますが、私自身、自分の実力はわきまえているつもりです。その上で、「プロなりのテクニック」による味付けを期待していたのですがなかなか私の求める方向性の味付けにならないなあという感じ。


あと、ですね。セミナーなどの講師プロフィール写真などは、メイク・髪型・写真技術の3点が揃っている必要があるのだな、と出来上がった写真を見てつくづく思ったわけです。なので、とりあえず3回コースの個人メイクレッスンに通いました。
これがその成果です。

IMG_3564.JPG

IMG_4644.JPG

 

そうこうしているうちに、東京在住の私の友人の女性が「プロフィール写真、うまく撮れた?テレビのキャスターをしている知人から教わって、私も転職用の写真を撮ってもらったスタジオがなかなか良かったのでどう?」と、都内のスタジオを紹介してくれました。


お友達の写真の仕上がりがすごく素敵だったので、私も関東出張時に行きました。小さな静かな町のマンションの一室で、知る人ぞ知る、的な感じです。

 

そこは、一人の男性のかたが、ヘアとメイクと撮影を全部やってくれるのですが、物静かなオーナーさんは特にあれこれと要望を訊いてきたりもせず、「前髪はどうしますか」ぐらいの確認をしたあと、「じゃあリラックスしててください」と言い、メイクをどんどんとしていきます。写真用なので若干色味は濃いめですが、かといって、そのまま外に出て誰かと会っても不自然な濃さではありません。主に肌の作り込み、あと、眉と目をしっかりとメイクしてくれました。


次に髪の毛のスタイリングです。これも、ボリュームを出す作業が中心でしたが、仕上がりを見ていただくと分かるように、写真に写るとそんなにもボリューム感って強くないんですよね。


とにかく、メイクの感じとかヘアのスタイリングが、歳相応であり、かつ華やかさもあり、そして上品な感じの仕上がりだったので、写真に撮られる段階ではほとんど不安はありませんでした。撮影後はその場で選んだ3枚を若干フォトショップで加工してくれますが、ほとんど直さなくてもいい感じでパパッとやってくれて、その場でメディアに焼いて手渡していただきました。

これがその仕上がりです。

Img0050.jpg

Img0032.jpg

Img0074.jpg

 

いかがでしょうか。なんというか、「プロ、すごい」というのを初めて実感させていただきました。


お値段も、全者の2ヶ所のスタジオと同額ぐらいで驚愕の安さでした。


というわけで、ようやくたどり着いた私のプロフィール写真のアンサーという感じですが、タイトルに話を戻しますと、この一連の件で私自身、メイクなどを刷新する機会に恵まれたわけですが、そうすると、だんだんと「必要なのは優秀なコスメ製品ではなくてテクニックなんだな」ということが実感され、メイク用のブラシやコスメ用品というのは100円ショップで調達するようになっちゃったりしたんですよね~。


同じく、テニスなんかも昨年始めた頃は「みんなに負けないように、テニスウェアをばちっと揃えちゃうぞ」って思ってたんですが、だんだんとスクールに通うにつれ、「きちんと人からテクニックを教わっている」ということ自体が自信になってきて、ユニクロのセールで買った500円のTシャツ行っても平気になってきました。


というわけで、特に初心者で自信のない人にありがちな「やたら道具にお金をかけてスタートする」というやり方で頑張ってもうまくいかない人は、いっそプロにテクニックを伝授してもらうことで時短にもなるし、プロの技に裏打ちされた自信が生まれるので、それで生きてみるのはどうかな、と思った次第です。


では、新型コロナウィルスで社会は大変になっていますが、明日から新年度スタートということでよろしくお願いします。

2019/12/19 8:48

みなさん、こんにちは!

 

今日は「今年買って良かったもの」という年末にありがちなお題で書きます。

 

私的に買って気分が上がったのが、BOSEのサングラス型スピーカーです。ネットで見て、「これは実際に体験してみなくちゃ!」と思って、横浜のSOGOのBOSEショップに寄りました。

IMG_3501.jpg

 

スペックはぜひコチラの公式サイトを見ていただきたいと思いますが、実際にかけてみたら音漏れはどうなの?とか、サイズ感はどうなの?とか、気になるところありますよね。

 

というわけで店頭で実際にかけさせてもらいました。

 

Q.音漏れはどうなの?

A.ほとんど気になりません。普通にイヤホンからの音漏れと同じで近づけばわずかにシャカシャカ聴こえ程度です。混みあう電車などではかけないほうがいいかもですね。また、かけたまま普通に周囲の音が入るので、会話もしやすいです。

 

Q.かけたサイズ感はどう?

A.私でもちょうどいいくらいでした。柔らかいので、多少の顔の幅には対応すると思います。極端に顔幅が広いor狭い人はちょっと難しいかもですが。

 

Q.レンズは変えられるの?

A.変えられます。いくつかオプションでも選べますが、簡単に取り外しできるのでシーンに合わせて変えてもいいですし、眼鏡屋さんで度入りレンズを作ってくれるところで自分の視力に合わせたものも作れます。横浜のSOGOの眼鏡屋は対応してくれるそうです。

 

Q.ほかに何かメリットは?

通話もできます。あと、耳に何もつけないので快適です。

ちょっとかけたときのビジュアルがエージェントっぽくなってカッコイイです。

IMG_3502.jpg

 

ウォーキングやジョギングなんかにおススメですよ。あと、できればショップで試してみてからが良いですね。

2019/11/01 11:06

みなさん、こんにちは!

 

スポーツの秋ですね。9月にソフトボール大会に出て依頼、更なる体力づくりを心に決めた私ですが、平日はなかなかスポーツをする時間がありません。なので、夏から始めたとご報告したのが、NintendoSwitchでのフィットボクシングです。

IMG_2843.jpg

IMG_2845.jpg

 

二つのJoyConを両手に持って、流れる音楽に合わせてパンチを繰り出すのですが、バックミュージックの選曲も良くて割と楽しく続けています。なんなら、出張先に持っていってホテルの部屋でやることもあります。20分もすれば汗ばんできます。上半身は、アッパー、フック、ジャブなどのパンチ、下半身はダッキングやステップなどが組み込まれ、更にウェストをひねるのでウェストシェイプの効果も。

 

ただ若干、飽きてくるのと、下半身のトレーニングが弱かなということで、最近、女優の新垣結衣さんがCMをしているので私のお友達もやり始めたリングフィットアドベンチャーを、夫が誕生日プレゼントに買ってくれました。

IMG_3286.jpg

 

箱には「筋肉は一生の相棒だ」と書かれています。

IMG_3289.jpg

 

たしかに、これ、効きますね~。筋肉痛になる人が続出です。ゲームキャラは自分が実際に走ることで移動できますし敵を倒すのはスクワットやリングコンを押し込む筋トレ系なかなかきついです。

 

で、けっきょく、時間があれば両方併用してやっています。

リングフィットアドベンチャーは、操作が分かりづらいところがあってフィットネスだけに集中できないのですが、筋肉にはしっかり効きます。一方のフィットボクシングはリズムゲーのノリで爽快感がありますが、こればかりだと飽きるのと筋トレとしては弱いんですよね。

 

で、平日はこれらで上半身、下半身を鍛え、休日に一緒にやってくれる人がいれば、ソフトボールの練習やテニスをしようかなと計画しています。室内でいくら鍛えても、屋外でのスポーツの楽しさにはかなわないと思ってます。

 

というわけで、一緒にスポーツしてくれる人を募集中です。

2019/10/18 17:22

みなさん、こんにちは!

 

足かけ6日間ほどマレーシアに行ってきたので、そのレポートを書きます。本当は6日も行っている予定ではなかったのですが、日本を襲った台風のために帰国が2日ほど延びてしまいました。でも、2泊分の延泊料は旅行保険で賄えるとのこと。保険に入っておくの、大事ですね。

 

羽田からマレーシアまでは約6時間、時差は1時間です。私は、高所恐怖症なのでわりと飛行機が難関です。

IMG_0051.PNG

 

まずご飯ですが、マレーシアは多民族国家なのでマレー料理や中華料理など選ぶことは可能ですが、代表的なマレー料理は下の写真のような感じで、まず魚介のすり身やジャガイモを潰して丸めたものなどを揚げたものが前菜として出ます。チリソースなどを付けていただきます。

IMG_3188.JPG

 

あと、ご飯はパラパラのタイ米。それから白身の魚や肉をスパイシーなソースで煮込んだようなもの(タイ風カレーみたいな感じ)が出ます。概ね辛いです。あと、ハラル認定のお店ではポークはなく、アルコールも呑めません。

IMG_3189.JPG

 

真面目な経済視察だったので、コタバルという更にマレーシア国内を国内線を乗り継いでいった都市にあったロームワコーのマレーシア工場を見学してきました。

日系企業でコタバルに進出している企業は他にないとのこと。お酒が呑めない、娯楽があまりない、というのが要因のようです。ですが、一家族に平均4人の子供が生まれるので、従業員を募集するとかなりの応募があるようです。これまで私が行っていたアジア諸国はおおむね、少子化が始まり、優秀な人材は都市部に流れていっていたので、これは特徴的と言えるでしょう。

残念ながら工場内の撮影はできませんでしたが、精密部品を扱うためのクリーンルームをガラス越に見せていただきました。

 

その後、マレーシアの市場に行きましたが、ここで庶民の生活が分かり大変面白かったです。

IMG_3104.JPG

 

以下、雑な画像でお送りします。

まず、肉屋さんですが、毎日気温が30度を超える中、生の肉がぶら下がっていました。これは傷まないのかな、と、ちょっと気になります。牛の足などが、どーんとぶら下がっていました。

IMG_0050.PNG

 

あと、果物はいろいろありますが、特にバナナはすごくたくさんの種類があり、腐りかけたような黒いバナナも何かの料理に使うのでしょう。安くたくさん売られていました。

IMG_0049.PNG

 

猫をたくさん見かけました。同行者の人たちは「ガリガリだなあ」と言っていましたが、私はむしろ日本の猫がぽっちゃりしているように思いました。街の人とそれなりにゴキゲンに生きている感じがしました。

IMG_0052.PNG

 

タピオカの原料のお芋もたくさん売られていました。

IMG_0048.PNG

 

マレーシアは昼間は年中30度を超す気温、雨季はかなり長い時間のスコールが降ります。けっこう長い時間の雷雨なので、傘がないと大変です。夜はホテルの冷房が効き過ぎて震えながら過ごしていました。

 

延泊になって時間ができたので、休日はチャイナタウンに行きました。

なぜか、アメコミヒーローTシャツを売っていたお店でどうしてもジョーカーのTシャツが欲しい気がしてちょっとだけ値切って買ったのですが、帰国したら「そんなに欲しくなかったかな」という気がしています。欲しいかたがおられたら差し上げますよ。

IMG_3214.JPG

 

と、割と長丁場になってしまったマレーシア旅行でしたが、三連休ということでけっこう日本人の若いかたが遊びに来ていました。クアラルンプールのスカイタワー展望台など、スマホで東南アジア版Uberのgrabなどでタクシーを呼んで自由に観光を楽しんでいました。

 

上に載せたマレーシアの地方の様子とはうって変わって、首都部は高層ビルも多く、たくさんの車が走っています。を少子化とは無縁な国の勢いをひしひしと感じました。これから数年で更に発展するのではないでしょうか。

2019/09/09 13:58

みなさん、こんにちは!

 

前にも書きましたが、グルテン不耐性体質かもしれないんですよね。通常のアレルギー検査では判断できないのですが、食べないようにすると圧倒的に体調が良いです。

もともと、週末ともなると一日ぐったりしていることも多く、また、理由のはっきりしない腹痛や、夕方のおやつで気持ちが悪くなるなど、弊害が見過ごせなくなってきたので、思い切って小麦を使った食品をやめています。

 

でも、たまに麺類が食べたくなるので、ネットで米粉の麺を取り寄せていろいろ試しています。

 

最近では、米粉のラーメン麺とパスタ麺を買いました。グルテンフリーの食品を探すようになって分かったのですが、舌触りをまろやかにするために、小麦はあらゆる加工食品に使われています。米粉麺はそれらしく作ってあっても、どこかパサついたように感じてしまうのは正直なところです。

IMG_2909.jpg

IMG_2910.jpg

 

でも、米粉のラーメン麺は、見た目はラーメンぽく縮れていて申し分ないです。食べた感じは多少まろやかさが不足していますが、ラーメンはスープの勢いで食べるものだと思うので、ビジュアルが伴っていれば全然問題ないです。

IMG_2911.jpg

 

パスタは、グルテンフリーのミートソースをかけてみました。茹で時間はかっきり40秒を守ります。茹で時間が足らないと芯が残りますし、茹ですぎると腰がなくなって本当に不味くなるんです。

IMG_2918.jpg

IMG_2919.jpg

両方食べた感想としてはパスタよりはラーメンのほうが口に合う感じです。ラーメンスープのお陰だと思います。

 

とりあえず一食ずつ作ってみたのですが、ラーメンのほうは市販のラーメンスープを使ってしまって(原材料に小麦使用)あまりよくなかったので、再度、スープから作り直しました。醤油大さじ1、麺つゆ大さじ1、コンソメキューブ一個、ごま油少々、コショウ1ふり。お好みによってすりおろしニンニクなどどうぞ。

IMG_2928.jpg

 

ゴマ油の香りとコショウのスパイシーさで充分美味しかったです。

 

たぶん、米粉のレベルからパンやお好み焼きなどどんどん自作すれば味は向上するのだと思うのですが、そこまで食にこだわりがないので、これぐらいで良しとします。

 

色々な人から「小麦が食べられないと不便だね」と言われますが、逆に、加工食品ってなんにでも小麦が入っているのなんだかびっくりですし、離れてみて小麦の中毒性みたいなのも分かるようになったので、私としては小麦を避けるのは問題ないです。

 

小麦のせいで血圧や血糖まで乱高下していたのを回避できるようになって夜まで持続的に勉強などに取り組めるようになったし、腹痛や肌のかゆみもなくなり、身体全体のむくみも取れたので、今のようなやり方で体調コントロールをしていきたいと思っています。