社長ブログ

株式会社アイネット

2020/03/09 11:48

みなさん、こんにちは!


コロナウィルスの流行によりいろいろなイベントや会議が相次いで中止になっていますね。そんな中、たいしたトピックもないのですが、昨年の会長の逝去を受けて、会長室を社長室に改造中というご報告です。もともとあった社長室は「BAR社長室」になってしまったので、執務室を用意しているところです。


中でも私のこだわりは、電動昇降式のデスクを入れたことでしょうか。写真手前が通常の執務用のデスク、窓際が電動昇降式デスクです。これでいちいち座らなくても立って作業できるんじゃないかしら~という思惑です。ここであんな作業やこんな作業ができるといいなあと夢が膨らみます。

IMG_3886.jpg

 

一番高い状態で125cm。

IMG_3887.jpg


一番低い状態で65cm。

IMG_3888.jpg

 

お値段は、そんなにお高くなくて、すごく良い椅子より安く買えたりします。少しずつ作業環境を整えてまいりたいと思いますので、デスクの使用感などもご報告しますね。


では、風邪やインフルエンザもまだ罹患者が多いようですので皆さんご自愛くださいね。

2019/11/26 11:37

「アンコクくんの部屋」を更新たので、見てね!

2019/11/14 17:11

みなさん、こんにちは!

 

今日は役員人事に関するお知らせをします。

 

このたび11月1日をもって株式会社アイネットは、取締役として新たに二名のかたに就任していただきました。

角田 裕樹(すみだ ゆうき)  入社 2003年 4月
佃 知彦 (つくだ ともひこ) 入社 2005年 4月

 

二名とも二人が新入社員のときから一緒にやってきた仲間です。

 

そして、長年一緒に役員としてやってきた一名のかたと相談してそのかたの役員としての任を解くことにしました。

若松 隆志(わかまつ たかし) 入社 1988年 8月

 

今年の6月に私の父であり弊社取締役会長であった岩崎重治を亡くしてからしばらくは、若松と取締役二人体制の中で何度か今後のことを話し合ってまいりましたが、若松の「現場の一技術者でありたい」、との想いが強いことを感じたのでこちらから提案しました。若松は、私が入社する以前より古参メンバーとしてアイネットを支えてくれ、また現在では医療に従事する技術者としても現場に出ています。このたび長年の重荷を降ろすことができてホッとしたのではないかと思います。

 

11月に入ってからは角田と佃には少しずつ、財務諸表の見方、中長期スパンでの経営に関するバランスの取り方を学んでいただいておりますし、細かい点で判断ミスがあれば私がサポートに入って修正していますので、早いうちには役職にふさわしい手腕を身に付けると考えています。また彼らに引き続き、既存メンバーにもリーダーやエンジニアとしての経験を積んでもらえるようにとも思っています。

 

角田、佃ともにアイネットの基本理念をしっかりと理解し、それを継承した上で更に新しい考えを取り込んでアイネットを発展させてくれると考えていますし、私自身は業務をいくらか引き渡したあとはまだ未着手のエリアに取り組んで行くつもりです。

 

今後とも引き続きアイネットをご愛顧いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

2019/09/13 12:24

みなさん、こんにちは!

以前、腸内フローラを調べてもらう検査キットを取り寄せたことを書きましたが、このたび検査結果が出ましたので、どんなものかちょっとご紹介しますね。

 

使用したサービスは Mykinso(マイキンソー) です。

 

結果が出たという連絡がメールで来ますので、自分のアカウントでログインするとこんな画面が出ます。このように「1回目」となっており、継続的に検査を受けると追加されていきます。また、現時点で分かる項目のみが表示されますが、今後さらに分析できる内容が増えたら、検査結果のページにも項目が追加されていくそうです。

20190913-02.png

 

まず、自分の型から。

mykinso.com_results_016002802142.png

 

この下に続く解説を読むと、「特に動物性タンパク質や脂質を摂取している」「腸内細菌の多様性は平均的」「乳酸菌やエクオール産生菌が多い」などと書かれています。

 

思い起こしてみれば、この検査を依頼したころまでは、夏バテをしないように意識的に肉類を食べていたように思います。あと、腸内細菌を育てたくてヨーグルトや納豆をよく食べていたので、それに由来する腸内細菌が平均よりも多くなっていたようです。エクオールとは、大豆イソフラボンを多く含む食品を食べると増えてくるもので、女性ホルモンの替わりをするとも言われているので更年期の女性向けにエクオールから作られたサプリなどがよく売られていますよね。ですが、腸内細菌の場合、突出したいくつかの最近があるよりは、多様性に富んだバランスの良い環境が大事なんですね。

 

今回、検査を依頼してみて分かったのは「直近に食べたものがダイレクトに腸内細菌の構成比率に反映される」んだなということで、ぬか床を一定に保つように、日々、菌の多様性を保てるような食生活を心掛けるのが大事だなと感じます。逆に、あまりよくない結果が返ってきたとしても、今から腸内環境をよくすることはすぐにできるんじゃないかなとも思いました。

 

あと「悩み別アドバイス」というのもあって、私の場合、「下痢になりやすい菌叢」「便秘になりにくい菌叢」だそうで、
・飲酒量・回数を減らしましょう
・辛いものを控えましょう
・食習慣の乱れを改善しましょう
・乳製品を控えてみましょう
・睡眠を整えましょう
・ストレスを減らしましょう
ということだそうで、わりと当たり前といえば当たり前。そして、(どれとは言いませんが)改善が難しい項目もあるなと感じてます。

 

余談ですが、もっと詳細なデータも見ることができます。でも、正直、こっちは見てもよく分からないんですよね。

20190913-01.png

 

年齢とともにお腹が弱くなったかたもおられると思います。こういう検査をしてみると自分の食生活を客観的に見ることができて興味深いですよ。

 

2019/06/20 11:44

IMG_2681.jpg

 

このたびは、株式会社アイネット会長、そして私の父である岩崎重治死去に際しましては御弔電、御焼香、またご多忙中の折葬儀に参列を賜り有難く感謝申し上げます。
故人の存命中は一方ならぬ御厚誼に預かりましたこと厚く御礼申し上げます。

 

昨年、父の誕生日である5月1日に誕生日のお祝いをと実家を訪ねたところ、癌宣告を受けたことを知らされました。膵臓から肝臓への転移ということで手術できない状況でしたので、在宅で抗がん剤治療に通っておりましたが、父は病気に詳しくなく、「手術をしない程度の軽い癌で良かった」とホッとしたように教えてくれ、年内にも治ると信じていたようです。

 

今年に入りまして、状況が少し悪くなり、何度目かの入院。その後、自宅に戻る希望を持ってリハビリをしておりましたが、容態が急変し、6月15日の午前7時に息を引き取りました。癌による痛みもなく、最後はほとんど苦しまず亡くなったこと、また、母と私が見守る前で息を引き取り、一人で逝かせずに済んだこと、せめてもの救いと思っています。

 

父の性格を一言で言うと、「激しい」の一言に尽きます。晩年は穏やかになりましたが、私自身は幼少のころから厳しく躾けられましたし、敵も多く作ったことと思います。

 

父は1938年、島根県安来に生まれ5人兄弟の長男として、大変苦労して育ったと聞いております。その後、苦労して高校を出た後、電電公社に入社。まだ日本で数台しか入っていなかった大型コンピュータに触れ、通信技術を学びました。その後、倉敷の地で小さな会社を立ち上げました。

 

一本気で不器用な父は決して経営が上手とは言えず、お金の苦労が絶えませんでしたが、私はそんな父の背中を見て育ち、そして、アイネットを継ぐことを決意しました。

 

父との最後の思い出は、2週間ほど前でしたか。アイネットは4年後に50周年を迎えます。その際は記念誌を作りたいので、生い立ちから会社の成り立ちまでを改めて聞かせて欲しい、と伝えたところ、幼少時の苦労、苦学して勉強したことなどを話してくれました。父親にまさかりを持って追いかけられ、妹や弟をかばった、など壮絶な話もございました。そして、「ある日、このままではいけないと思った出来事があった。それが転機だった」と言い、疲れたのか、「今日はここまでにしよう。続きは明日」と言われました。
それが、父がしっかりしていた時に話した最後の会話となります。

 

今でも、あの時の父の身に起こったこと、そして決意が何だったか。考えない日はありません。それはまたいつか、天国でゆっくりと聴いてみたいと思っています。

 

癌告知を受けてからは大好きなお酒をやめたので、今頃はあちらで美味しくお酒を呑んでいると思います。

 

最後になりますが、岩崎重治という大きな存在を失くした株式会社アイネットですが、故人の功績に恥じないよう努力してまいりますので、引き続きご愛顧賜りますようよろしくお願いします。