社長ブログ

株式会社アイネット

みなさん、こんにちは!

 

今日は最近の趣味である「山歩き」について書きたいと思います。かっこいい呼び方をすると「トレッキング」などと言います。


始めたきっかけは、テニスで肘を傷めたことです。それで半月以上テニスを休んでいるのですが、その間なにもしないでいるのではなく復帰に向けて下半身や体幹などを鍛えておきたいなと思ったのです。ちょうど夫が肩を傷めてかなり長い間ロッククライミングを休んでおり、その間、山歩きをしていたので私も便乗することにしました。

といっても、夫がやっている岩稜歩きはかなり難易度が高く私にはとても無理そうなので、初心者の私でも傷めた右腕を使わずに登れるコースを選んでもらっています。

ゴールデンウイーク中にも三回目の山歩きに行ってきたのですが、行ったのは以下の3ヶ所です。

 

4月18日は和気富士に登りました。初めてだったので、恥ずかしながら途中で音を上げてリタイアしました。

IMG_5554.jpg

IMG_5553.jpg

IMG_5558.jpg


4月24日は龍ノ口グリーンシャワーに行きました。和気富士より安易なコースだったので、無事に完登することができました。

IMG_5583.jpg

IMG_5587.jpg

 

5月3日は津山の那岐山に行きました。こちらは私にはなかなかきつくて、登り始めで緊張のあまりパニックになってしまい、途中途中でも「もう無理」と言いながら、どうにかこうにか完登することができました。

IMG_5637.jpg

 

IMG_5644.jpg

IMG_5655.jpg

 

本格的に山歩きをしたのは初めてで、精神的にはなかなかきつくて、途中では「どうしてこんなことをしているのだろう。もう二度と山登りはしない」と思いながら歩くのですが、登り切って、降りてくればなんとなく精神的に自信がついて自分の考えの枠組みが一回り大きくなった感じがします。

 

連休は、それなりの数のハイカーさんともすれ違ったのですが、みんなどういう気持ちで山を歩いているんだろうなとずっと考えていました。

 

最近になって、作家の村上春樹さんの『走ることについて語るときに僕の語ること』という著書を読み返しています。ある時、作家になると決心してから、自分の体重のコントロールのために走り始め、そこから年一度のマラソンやトライアスロンに挑戦するようになった著者が走ることについて書いています。

マラソンは登山にとてもよく似ていて、著者自身、走らない人から「走ってるときは何を考えているのですか」と訊かれることも多いそう。

2007年に発刊された本ですが、今の私がこの本から学ぶこ、うなずくこと、刺激を受けること、けっこう多いです。

最新記事
みなさん、こんにちは! 今日は社内の消防訓練について書きます。実は社内で消防訓練をしたのは初めてでしたが、以前より大事な課題として検討していました。そのため、一昨年は私のほうで甲種防火管理者の資格を取り、昨年は弊社の高田社員に甲種防火管理者の資格を取ってもらいました。アイネットは自社ビルということもあり、ビル内の防火管理は自社で行わなければなりません。 消防訓練は年二回行い、都度、消防署に対して実施前の計画と実施後の報告の提出を行う必要があります。その計画を策定するところから高田社員には社内のBCP委員会の委員長という立場で初回の消防訓練の指揮を執っていただきました。 実施は4月15日午後3時より行い、テレワーク従事者は除いて、出社作業がある人で集まりました。 まずは消防訓練の目的などについてスライドを使って説明をしてもらい、次に、緩降機というロープをかけて窓から避難する器具について説明動画をみんなで見ました。 次に実際に消火器と緩降機の実物を使っての訓練です。消火器は実際に消火活動をするわけではないですが、意外と設置場所や使い方を知らない人も多いと思うので、場所の確認や、使う時の手順や心構えについて確認をしていきました。 緩降機を使う際にはヘルメットの着用をし、全員が腰ベルトの装着までを体験しました。 最後にビル内を移動して、室内のコンセントの位置、消火器の位置、防犯ベルの位置などを指差し確認していきました。 全部で1時間半ぐらいで終わりましたが、やはり年二回は行わないといざという時に速やかな行動ができないと感じました。 我が社では、次の秋の消防訓練までの時間をBCP(Business Continuity Plan 事業継続計画)の策定に取り組みます。これは災害など緊急事態において、企業が事業を継続していくために事業継続や災害の備えについて計画を立てておくもので、中小企業庁が旗を振ってBCP策定を推奨しています。 コロナ禍で大型災害に対する意識が少し低下している現在ですが、巨大地震や豪雨災害など、いつ発生するか分からないものに対する備えもしっかりしていこうと思います。 高田委員長、ご参加の皆さん、お疲れ様でした!