社長ブログ

株式会社アイネット

みなさん、こんにちは!

今日は、昨日参加してきた株式会社クラスメソッド主催の「re:Growth 2018 in 岡山」に参加してきた事を書きます。

eee68753f7694411df08ee6a1e1f3ab1.png

 

これは、クラスメソッドの社員の方が総勢60名でラスベガスで開催された「AWS re:Invent 2018」というイベントに行き、そこで発表された最新のAWSサービスやアップデート情報をいろいろとご紹介くださるというイベントです。

まずは、入り口で現地から持ち帰ったお土産のうち好きなものをとっていいよ〜、ということでしたので、私は黄色いアヒルちゃんを取りました♪

IMG_1940.jpg

 

IMG_1941.jpg

 

まずはクラスメソッドのマーケティングの嵩原將志さまからご挨拶。

IMG_1942.jpg

 

ついで、サーバレス開発部の阿部信介さんが、三人で行ったバーでいつのまにか取り残されて240ドル払わされたという楽しそうな掴みの話に続けて、今回のアップデートの目玉について話していただきました。

IMG_1944.jpg

 

大きな目玉として、一つは「Lambda Layers」というレイヤー領域が追加され、Lambda関数から共通のライブラリが呼び出せるようになったこと。もう一つはAWS Runtime APIによってシェルから独自のランタイムが呼び出せる、つまりCOBOLなんかも動かせるというアップデートのお話でした。

 

次に同じくサーバレス部門の田中孝明さんのお話。69個の膨大なアップデートを全てざっと並べる中で、これは、というサービスをピックアップしてくれました。
田中さんはIoT関連のサービスを使うことが多く、電子工作勢の私としてはいろいろ気になりました。IoT、機械学習で相当いろんなアップデートがあり、使えるかはともかく、これからの展開にどう繋がるのか楽しみなものが多かったです。

たとえば気になったのが「Amazon CloudWatch Logs」では高速なログの分析ができるということ。センサーから入ってくる膨大な処理をこんどは機械学習系のAPI に流し込んで予測を立てる、みたいなことがどんどんできそうです。

 

最後にモバイルアプリサービス部の吉田貴文さんからのお話。

まずは「本日の衣装」ということで、赤いスタジャンと、その下に着ておられためそ子Tシャツの説明からでした。

IMG_1946.jpg

IMG_1948.jpg

 

本題ですが、吉田さんは特にDynamoDBのアップデートが中心でした。DynamoDBはお金を出せば幾らでも早くなるというサービスですが、キャパシティを設定するのは大変難しいということで、突発的なアクセス集中に関しては、on-demandというオプションについて説明がありました。

また、DynamoDBのトランザクションについて、実際にデモが行われ、例外の発生した際にRollbackされるところを実際に見せていただきました。

 

**


このあとは時間が少しあったので、雑談及び質問の時間になり、「実際のところ一人当たりのラスベガス遠征費用はいくらぐらいだったのか」、とか、「Re:Inventに参加するにはどれくらい英語力が必要か」、などという話が出ました。

私はIoT系のアップデートが気になったので、「AWS RoboMaker」についてもうちょっと知ってみたいなと思ったのですが会場ではインパクトがあり盛り上がった割にKeynoteから落ちていたらしいということで、あまり詳細は分かりませんでした。

 

あと、気になったのは「AWS Marketplace」で機械学習の学習済みモデルが買えるようになった、なんてことも。いろんな可能性を秘めてますよね。

 

この手の技術系のイベントは久しぶりでしたが、現地の興奮が伝わってきて良かったですね。詳しくはクラスメソッドの方々のブログなどで情報を仕入れてみてください。

もちろん、次は自分が行ってみるっていうのも考えたいですね!

 

最新記事
みなさん、こんにちは! 今日は社内の消防訓練について書きます。実は社内で消防訓練をしたのは初めてでしたが、以前より大事な課題として検討していました。そのため、一昨年は私のほうで甲種防火管理者の資格を取り、昨年は弊社の高田社員に甲種防火管理者の資格を取ってもらいました。アイネットは自社ビルということもあり、ビル内の防火管理は自社で行わなければなりません。 消防訓練は年二回行い、都度、消防署に対して実施前の計画と実施後の報告の提出を行う必要があります。その計画を策定するところから高田社員には社内のBCP委員会の委員長という立場で初回の消防訓練の指揮を執っていただきました。 実施は4月15日午後3時より行い、テレワーク従事者は除いて、出社作業がある人で集まりました。 まずは消防訓練の目的などについてスライドを使って説明をしてもらい、次に、緩降機というロープをかけて窓から避難する器具について説明動画をみんなで見ました。 次に実際に消火器と緩降機の実物を使っての訓練です。消火器は実際に消火活動をするわけではないですが、意外と設置場所や使い方を知らない人も多いと思うので、場所の確認や、使う時の手順や心構えについて確認をしていきました。 緩降機を使う際にはヘルメットの着用をし、全員が腰ベルトの装着までを体験しました。 最後にビル内を移動して、室内のコンセントの位置、消火器の位置、防犯ベルの位置などを指差し確認していきました。 全部で1時間半ぐらいで終わりましたが、やはり年二回は行わないといざという時に速やかな行動ができないと感じました。 我が社では、次の秋の消防訓練までの時間をBCP(Business Continuity Plan 事業継続計画)の策定に取り組みます。これは災害など緊急事態において、企業が事業を継続していくために事業継続や災害の備えについて計画を立てておくもので、中小企業庁が旗を振ってBCP策定を推奨しています。 コロナ禍で大型災害に対する意識が少し低下している現在ですが、巨大地震や豪雨災害など、いつ発生するか分からないものに対する備えもしっかりしていこうと思います。 高田委員長、ご参加の皆さん、お疲れ様でした!