社長ブログ

株式会社アイネット

みなさん、こんにちは!


年末らしい記事を書きます。今年買って良かったもの・取り入れて良かったサービス、です。今まで、年末になってから「買って良かったな~」としみじみ思うことがあまりない人生を送ってきたのだけれど、それは実用のものをギリギリで買うような生活しかしてなかったから。今年は自分の体力の復活と、あと、親の入退院もあって生活の見直しをしたので、「楽しい」「時短できる」「モチが上がる」「QOLが上がる」買い物ができるようになってきたかなと思います。


1、2018モデルiPadPro12.9インチ
まだ届いてもないのに一番の挙げるのはどうかと思うけど、絶対に良いと思うのね。漫画描くのとマガジン読み放題サービスに使おうと思ってます。iOSはアプリ開発者泣かせだけど、iPhoneユーザはiPadとセットで使うのは快適。

 

2、23インチディスプレイ
驚くことに、私はこれまでIllustratorやPhotoshopを使うのに外付けディスプレイも使わずにノートPCで描いてたのですよ(仕事は別)。PCのスペックもフルに発揮できてないし、なんて不便な生活をしていたのかなと我ながら思います。

20191212-5.jpg


3、スマホ用プリンタiNSPiC
Bluetoothでスマホに接続できて、専用シール台紙に写真が印刷できる。私は電子工作の記録に使ってるけど、手帳愛好家のかたにニーズありそう。フレームなんかも各種用意されてるし、いろいろ楽しみ方あると思います。

20191212-1.jpg

 

4、カリグラフィ用パイロットプレラ
このペン先で絵とか字を描くの、超ハマってます。

20191212-4.jpg

 

5、安価なMP3プレーヤー
キッチンに常備して、Bluetoothスピーカーと組み合わせて音楽やNHK英会話を聴きながら料理や掃除してます。今まで音楽を聴く余裕を失っていたんだなあとしみじみ思ったりして。最近は目も疲れるので、耳で情報を入れるほうにシフトしてます。

20191212-3.jpg

 

6、東大開発のアミノ酸「体力」
とにかく、アミノ酸必須。

20191212-2.jpg

 

どれも、もともと持ってる人達は持ってるようなものが多くて、家族にも「買ったら~」ってよく言われてたのですが、私はここ何年も家でゆっくり過ごせていなかったのでなかなか購入する気持ちの余裕がなくて。でも、こういうことで家の中での過ごし方が劇的によくなるのはとても嬉しいですね。

あと、今年取り入れて良かったサービスは、ダスキンの12週定期での水回り三ヶ所掃除サービス。楽天マガジン(dマガジンに替えるかも)の雑誌読み放題サービス。あとブックオフのオンライン買い取りサービス。

結論としては、人は余裕がないと余裕を楽しむサービスを取り入れる余裕がないってことかな。

最新記事
みなさん、こんにちは! 今日は社内の消防訓練について書きます。実は社内で消防訓練をしたのは初めてでしたが、以前より大事な課題として検討していました。そのため、一昨年は私のほうで甲種防火管理者の資格を取り、昨年は弊社の高田社員に甲種防火管理者の資格を取ってもらいました。アイネットは自社ビルということもあり、ビル内の防火管理は自社で行わなければなりません。 消防訓練は年二回行い、都度、消防署に対して実施前の計画と実施後の報告の提出を行う必要があります。その計画を策定するところから高田社員には社内のBCP委員会の委員長という立場で初回の消防訓練の指揮を執っていただきました。 実施は4月15日午後3時より行い、テレワーク従事者は除いて、出社作業がある人で集まりました。 まずは消防訓練の目的などについてスライドを使って説明をしてもらい、次に、緩降機というロープをかけて窓から避難する器具について説明動画をみんなで見ました。 次に実際に消火器と緩降機の実物を使っての訓練です。消火器は実際に消火活動をするわけではないですが、意外と設置場所や使い方を知らない人も多いと思うので、場所の確認や、使う時の手順や心構えについて確認をしていきました。 緩降機を使う際にはヘルメットの着用をし、全員が腰ベルトの装着までを体験しました。 最後にビル内を移動して、室内のコンセントの位置、消火器の位置、防犯ベルの位置などを指差し確認していきました。 全部で1時間半ぐらいで終わりましたが、やはり年二回は行わないといざという時に速やかな行動ができないと感じました。 我が社では、次の秋の消防訓練までの時間をBCP(Business Continuity Plan 事業継続計画)の策定に取り組みます。これは災害など緊急事態において、企業が事業を継続していくために事業継続や災害の備えについて計画を立てておくもので、中小企業庁が旗を振ってBCP策定を推奨しています。 コロナ禍で大型災害に対する意識が少し低下している現在ですが、巨大地震や豪雨災害など、いつ発生するか分からないものに対する備えもしっかりしていこうと思います。 高田委員長、ご参加の皆さん、お疲れ様でした!