社長ブログ

株式会社アイネット

2019/04/12 17:38

みなさん、こんにちは!

 

年度が新しくなって慌ただしくしています。

近況ですが、筆ペン三段に合格しました。

IMG_2445.jpg

 

賞状を受け取った日、隣の席の小学生の子は六段にチャレンジしているとのこと。また、前の席に座っていた小学校低学年らしい子は初段に落ちて先生から励ましてもらっていました。

大人も習っていますが、春先はとくに小学生が習い始めることも多く、そんな中でコツコツ練習しています。

 

さて、最近は父が病気療養中のため、リモートワークの方向を探っています。少し前に悩んでいて、自宅を引き払ってもらって介護付の施設を探すしかないだろうかと思い詰めていたのですが、ふと、「従業員の人に今後リモートワークをする環境を整えていこうと思っているならば、私自身もモデルケースになるべきでは」と思い至りました。

 

そんな中で私が一番恵まれていると思うのは、社内で私の父のサポートの状況を共有できることです。まだ本格的な介護ではないですが、日々いくつもの問題が発生します。それを会社で聞いてもらうことができるだけでもかなり気持ちが楽になります。

 

私自身は、以前部下の人のご家族が療養していた時にはせいぜい「時間単位で有給休暇を使えるようにしよう」ぐらいだったのですが、今の私ならもっとたくさんの会社のサポートが必要だったなと思えます。

 

まだまだ模索中ですが、これからはもっと多様な働き方に対応できなければ会社の死活問題だと思います。また何かご報告をしたいと考えています。

2019/04/03 14:07

みなさん、こんにちは!

 

今日は今年度入社式について書きたいと思います。今年も新入社員が入社いたしましたので4月1日は入社式を行いました。

IMG_20190401_100717.jpg

 

病気療養中の会長も入社式のために出社して来られました。

IMG_20190401_100945.jpg

 

毎年のことですが、会社説明会で出会ってから入社までの長い期間を経てこの日を迎えられることは大変嬉しいことです。

 

入社してからまず新入社員のかたにはプログラミング言語の研修を受けていただくこともさることながら、5月以降に弊社内で行う会社説明会のときに語っていただく「先輩メッセージ」の練習をしていただきます。

先輩メッセージというのは、一足先に入社した先輩からの5分程度のメッセージですが、この内容をしっかりと作り込んでいくことがとても大事と考えています。実際には原稿を作るところから始め、原稿の内容をブラッシュアップしてもらい、更には原稿を覚えていただき、何度かのリハーサルをするところまで数週間かけます。

なぜそこまでするかと言えば、学生の方々に会社選びを失敗しないで欲しいからです。

 

入社早々、5分といえど暗記した内容を人前でしゃべるのは、新入社員のかたにとって大変緊張することだと思います。ですが、私はいつも「緊張を味方につけてください」とお願いしています。緊張することは決して悪いことではありません。

私がかつて初めてスピーチを習い始めた時、「私、すごくアガリ症なんです」と言った私に先生が仰いました。「私は緊張しないほうが怖いです。なぜなら、緊張しないということは、場の重要性が分かってないか、集中力がないか、どちらかです。なので、見ていて怖いです」と言われました。その言葉で緊張することの大切さを知り、緊張は悪いものではなくむしろ大切なものだと思うようになりました。

 

今年の新入社員の三名も昨日から原稿作りに入りました。彼らが次に出会う学生の方に贈る立派なエールが完成することを願っています。