社長ブログ

株式会社アイネット

2019/03/22 12:46

みなさん、こんにちは!

以前、「1on1(ワン・オン・ワン)」について少し書かせていただきましたが、先日、社内で次年度の「1on1」の進め方について、引継ぎや改善点を話し合いました。一対一の閉じた場で行われるので、あまり「こうするべき」と決めてしまわず、それぞれの部下の人の個性や二人の関係性に合わせたり、その場の流れで内容を変えたりするのが良いのですが、ひとつだけできるだけ付け加えて欲しい点を私からお願いしました。

それは、
「会社が考えていること、大事にしていることを意識してもらうように伝え続ける」
です。

 

弊社は関東にも何人か社員がおり、距離が離れているため、これまでも何度か「本社の考えていることが分からない」という意見が出ていました。メールなどで何度も通知していても届いていないと感じることも多々ありました。なので、私自身が関東に行った際には、会うたびに考えを説明したり、変更があれば変更を伝えたりするように意識しています。

 

「会社が何を考えているか」は、「経営トップが何を考えているか」と混同されがちですが、「会社の考え」のポイントは内容と根拠がきちんと上層部と共有されて、上層部がさらにその下に全く同じ気持ちを持って説明できるかだと思います。

 

現在、関東にオフィスを構える計画を練っています。それは関東のメンバー全員と共有されており、その中でも立ち上げ時に役割を担うことになる人がオフィスを構えることに納得していたり、オフィスができたあとで自分がどう関わるかをイメージできるのが一番大事です(地方から関東にオフィスを出して失敗した会社の事例もたくさん他社さんから聞いておりますので…!)。そのためには何度も対話を重ねないとダメだなとつくづく思います。

 

私、SNSで会社のトップの人が発信するときにけっこう大事だなと思うポイントは、「どれだけ自社の人と対話してるのか」が分かるような発信をしてるかどうかだと思っています。他社の人とイベントで交流してたりする様子とか、自社の商品をイベントで展示したとかっていう発信は多いと思うのですが、たとえば、「昨日、入社三年めの総務の〇〇さんが『こういう改善はみんな喜ぶんじゃないかなあ』という話をしてたから、ちょっとおもしろいなと思って検討してみることにした」なんていう発信をするトップの人がいたら、その会社はすごく良い会社だと思うんですよね。

 

うちはそんなに大きな会社ではないのでわりと対話し易い環境だとは思いますが、それでもまだまだ足りているとは思っていないので、いろんな機会に織り込みながらもっともっと社内の対話を増やしたいと考えています。

2019/03/15 10:43

皆さん、こんにちは!

今日は最近読んだ本でとても良かった本をご紹介します。

『大事なことに集中する―気が散るものだらけの世界で生産性を最大化する科学的方法』という本です。

 

51u1s9U+IUL__SX349_BO1,204,203,200_.jpg

 

SNSの誘惑やメールの返信といった集中を削いでくる作業についつい仕事をした気になってしまうIT技術者は必読と思います。というか間違いなく私が今年になって読んで一番良かった本です

著者のカル・ニューポートは2004年にダートマス大学で学位取得後、2009年にMITで博士課程修了。専攻はコンピュータ・サイエンスという人です。ディープ・ワークの手法で多くの著書を出し続けています。

 

言葉(作者の造語)を整理しておきますと、
・ディープ・ワーク(DEEP WORK)
あなたの認識能力を限界まで高める、注意散漫のない集中した状態でなされる職業上の活動。

・シャロー・ワーク(Shallow Work)
あまり知的思考を必要としない、補助的な仕事で、注意散漫な状態でなされることが多い。

 

このシャロー・ワークに常に集中を阻害してきます。メールの返信に追われたり、SNSを見たり、ソーシャルゲームに時間を奪われたりというのがシャロー・ワークで、厄介なことにこれらの作業は一瞬「何かをした気分」になるため、本来集中すべき作業がこなせなくなります。IT化が進んだ現代に、我々は常にシャロー・ワークに作業を邪魔されることに悩まされているのではないでしょうか。

ではどうしたら良いのかと言いますと、一日、または一週間のうちに明確に自分で設定した一定時間をディープ・ワークに打ち込み、残りは他のすべてのための時間にあてることで、生産性を極度にあげることができるというものです。まずはこの本では、ディープ・ワークで実際に多くの成功を成し得た人の実例がたくさん載っていますので、読者は「ディープ・ワークをすべき」という気持ちになることができます。そしてさらに、具体的にどうやればいいのかについて記述してあります。

この本にも書いてありますが、本当に深い集中には人は最初は一日一時間、それを訓練して四時間に延ばすのがせいぜいということです。あとは、その数時間を確保するために残りの時間を使っていくわけです。

 

私個人で言いますと、たとえば、スマホのSNSのアイコンに付いている、アクティビティの通知は切りましたし、アイコンに付くバッジ(赤い数字のマーク)も消すようにしました。これだけでスマホを見る時間が劇的に減りました。あとは、一日で本当に集中したと思える時間がどれくらい取れたかをメモするようにしました。

あと、おまけの効能として、本当に集中する時間を取った後は、瞑想をしたような、スポーツをしたあとのような、とても気持ち良い精神状態になれます。

 

更に私のようにIT技術者を抱える経営者としては、徐々にオフィスの設計もディープ・ワークをやり易くするような工夫にも取り組みたいと感じさせられました。

2019/03/08 19:04

皆さん、こんにちは!

 

今日は、「派遣元責任者講習」に参加してきたことについて書きます。
弊社は、お取引先からの要望で、派遣契約で技術者を客先に置いて作業させることがありますが、この場合、「派遣元責任者」という役割を担う人が必要になります。弊社では私がその役割を担っています。

この「派遣元責任者」は「派遣元責任者講習」を三年に一度受ける必要があり、先日、行ってまいりました。

 

これがそのときのテキストです。

IMG_2338.jpg

 

さて、この「派遣元責任者講習」では実際に何をするかと言いますと、今回は社労士や元厚労省のかたにより以下のような内容の講義がありました。
・派遣法の歴史
・派遣法における間違い易い解釈の説明や、実際に解釈を間違って書類送検されたり事件化した事例の紹介
・働き方改革関連法の概要と移行スケジュール

 

特に今年は働き方改革関連法の説明の割合が多かったのですが、派遣法や働き方改革法のことだけでなく、労基法(労働基準法)全般について用語説明をしてくれたり、間違い易いところを説明してくれたりするので、これまで何度も労基法にまつわる勉強をしてきたつもりの私でもまだまだ知らないことがたくさんあることに気付かされます。なので、こういう講習というのは派遣元事業者のみならず全ての企業がこの種の勉強を定期的にする必要があると、出るたびに痛感します。

 

この研修からちょっと話がそれますが、私自身が以前、労基署(労働基準監督署)から指導を受けたりした事案で、「これは知らなかったなあ」というのは、たとえば以下のような事例です。

【事例1】
定時後に残業をさせないように気を付けていましたが、特定の社員が就業規則に定められた始業時間より二時間早く出勤してタイムカードを押していたため、本人も意図せず業務の開始時間が早まっていたことがありました。弊社はフレックスタイム制を導入しておらず、本人は、「電車が混むのが嫌だから早く出勤している」とのことで、会社の就業規則に記載された始業時間より勝手に早く来ているわけですが、労基法から見れば会社が長時間の稼働をさせていると取られます。

【事例2】
会社でお昼の宅配弁当をまとめて注文し、月末で締めて、一ヶ月毎の弁当代は会社がまとめて宅配弁当業者に支払い、個々人の弁当代は給与天引きにしていました。これに対しては、労基署からは「給与天引きを行うなら労使協定を結んでください」との指摘を受けました。

【事例3】
これは他社のケースですが、労基署が入って調べられた結果、メーラーを確認され、就業規則に載っている休憩時間に仕事のメールをやり取りしているのが発覚したため指摘を受けたという話を聞きました。

いずれも軽微なものなので、勧告された後に是正報告をすれば良いのですが、こういう細かい違反こそ却って知らず知らずにやってしまいがちです。

 

さて、2019年4月1日より「働き方改革関連法」が順次施行されますが、以下の通りです。
1、時間外労働の上限規制の導入(月45時間、年360時間を原則)
2、年次有給休暇の確実な取得が必要(10日以上の有給休暇が付与される全ての労働者に対し最低5日は確実に取得させる)
3、正社員と非正規社員の間の待遇差の禁止(基本給や賞与の待遇差をなくす)

 

正直、こういう法案が施行されるのはすごく良いことだと思います。私自身が結婚して子供を産んでから転職先がなく、派遣プログラマとして働いていた時代に大変だったことを思い出すにつけ、業界全体が良くなって一人でも多くの技術者が幸せになるべきと切に願っています。

 

これからも引き続き勉強して、法令に基づいた経営をしていきたいと思っています。

2019/03/01 11:47

みなさん、こんにちは!

今週の私は、モニターで日産リーフに乗っています。ご存知のとおり電気自動車です。

IMG_2315.jpg

 

今、私は特に安全装備のついていないTOYOTA車(コーナーセンサー付き)に乗っています。きっかけは、横浜に出張で行ったときに日産の本社ギャラリーに行ったことでしょうか。最近、どんどん進化している安全装備が充実した車に乗りたいなあと思うようになりました。

弊社には「営業」という職種が存在せず、各SEが担当しているお客さん以外のところは全て私が出向いているので、営業車として環境に配慮し、かつ安全に運転できる車に乗るべきだなとも思っていました。早速、帰岡してから日産のディーラーさんに出向きました。幸いにも一週間試乗できるモニターという制度があるので、今週はずっと日産リーフに乗っています。

 

いくつか特徴を挙げますと、

1、低速衝突軽減ブレーキ・踏み間違い衝突防止アシストが付いている
これは実際に壁にぶつけて試すわけにはいきませんが、あるという安心感だけで運転の時の気持ちがかなり楽になります。「低速衝突軽減ブレーキ」は、ブレーキペダルを踏んでゆっくり駐車しようとするときに壁にぶつかりそうになったら自動的にブレーキをかけてくれる機能。「踏み間違い衝突防止アシスト」は障害物があるのに間違ってアクセルを踏み込んだと判断されたときにブレーキがかかり速度が抑えられる機能です。

 

2、アラウンドビューモニター
これは車をバックで駐車スペースに駐車する際に、真上からの視点でモニターに車が映し出される機能。いくつかのカメラ映像を合成しているそうですが、違和感なく真上から映されているように見えるのでびっくりです。

 

3、プロパイロットパーキング
白線が引かれている駐車エリアに自動で停めるシステム。ちょっと期待していましたが、実際にやってみて、あまり使わないかなと思いました。時間がかかるんですね。まず、エリアの近くまで行ってプロパイロットパーキングモードに入れ、エリアを車が認識したらビューモニターに「P」マークが出るので、パネルで「開始」モードに入れ、そこからプロパイロットパーキングのボタンを押し続けると自動で切り返しをして格納までしてくれるのだけど、時間がかなりかかります。あと白線がきちんと引かれているエリアじゃないと認識してくれないですね。普通に運転テクニックがある人ならアラウンドビューモニターを見ながら停車するほうが手っ取り早いでしょう。障害物を検知するソナーも付いていますし。あと、車を完全に信用してないと、「本当に切り返してくれるのかな」とドキドキします。

 

4、加速に問題なし
電気自動車の立ち上がりってどうなの、と思っていましたが、電源入れて踏み込んだとたんにぐっとスピード出ます。エアコンやハンドルヒーターもすぐ暖かくなります。もちろん、とても静かです。エンジン音のブオンっていう吹かし音が聴きたい人には物足らないかもですけどね。

 

5、ハンドルヒーター、シートヒーターが標準
私の夫はアウトドア派なので、スバルの4WDに乗っているのですが、ハンドルヒーターが付いていてずっとうらやましかったんですよね。それが、リーフには標準装備です。プラスで寒冷地仕様のオプションを付けると後部座席もヒーターが入ります。

 

6、バックビューモニターが綺麗
バックミラーがバックビューモニターというモニターになっているので、後続車の運転手の顔とかけっこうはっきり分かるんですよね。歌を歌いながら運転してるのとか見えちゃう。ということで、前の車がバックビューモニター付きの車だったら、運転の表情に気を付けたいものです。

 

7、高速道路のプロパイロットはどうなのさ?!
すみません。高速道路は運転してないので分かりませんが、ストレスフリーで運転できると信じています。

 

8、電気代はそんなにかからないという噂
これはまだ、自宅で充電していないので分からないですが、県内をうろちょろするぐらいであれば、毎日も充電する必要がなく、電気代もそんなに増えないとのことでした(知人談)。

 

最後の感想ですが、このたび初めて日産車に乗るまではずっとTOYOTAのハイブリッド車に乗っておりまして、この、アクセルを踏まなくても途中から走行がスーッと伸びたりするんですね。ちょっと慌ててブレーキを踏むこともあったりするのですが、リーフでは基本、エコモードだとエンジンブレーキ的なもの(回生ブレーキ?)がかかりますし、更にe-Pedalという機能を使えば、アクセルのみの操作で、ブレーキをまったく踏まずに完全停止も可能なんです。山道の下りなんかもブレーキを踏まなくてアクセルだけでいける日産のe-Pedalのほうが安心して走れると思いますが、そこは好みの問題かもですね。私はどちらかというと予想以上に加速するのは怖いので日産のほうがストレスなく乗れるかもしれません。

 

以上、ちょっと車に詳しくないのでショボいですが、私のモニターレポートでした。