社長ブログ

株式会社アイネット

2018/03/02 18:05

こんにちは!

今日は、岡山の業界団体であるシステムエンジニアリング岡山主催の「岡山県立大学合同企業説明会」に参加してきました。3月1日より採用活動が解禁になったのはご存知かと思います。

本日は、私と採用・教育グループリーダーの角田と2人で岡山県立大学に行ってまいりました。


私からは会社の概要をお話しし、角田からは「技術者としてどう生きるかをもとめて」というタイトルで話をさせてもらいました。


今年は人手不足ということもあり、学生側の売り手市場と言われています。が、弊社としては、市場の大小に関わらず、「この人と一緒に仕事がしたい」とお互いが思い合うかどうかを基準に採用していきたいと思っています。

毎年、社内ではどうすればそういう出会いを作れるかを社内で話し合っていますが、少しずつ実を結んでいる実感があります。近年の新卒採用での離職率は0%であることがそれを物語っているのではないでしょうか。

いずれにしても、採用とは、企業と学生さんが真剣に向き合うことです。今日は、午前中からたくさんの企業を回った学生さんたちが、最後にはかなり疲れた顔でわが社のブースに来られました。こちらもしゃべりどおしですから、声がかすれます。

それでも、弊社のキャラクターを紹介して「パンダじゃないよ!アンコクくんだよ!」と言うと、学生さんが笑顔になってくれて、それが嬉しかったりします。


まずは、第一回の会社説明会を3月10日土曜日に開催します。ここを読んで弊社のことが気になった学生さんはぜひ、リクナビ2019のアイネットの採用情報ページよりエントリをしてみてくださいね。

2018/02/26 19:11

みなさま、こんにちは。

ご無沙汰しております。

このたび、弊社コーポレートサイトのリニューアルに伴い、社長ブログを新たに開設いたしました。弊社の様子などをお伝えすることができればと思っておりますので、これからよろしくお願いします。

最新記事
みなさん、こんにちは! 今日は社内の消防訓練について書きます。実は社内で消防訓練をしたのは初めてでしたが、以前より大事な課題として検討していました。そのため、一昨年は私のほうで甲種防火管理者の資格を取り、昨年は弊社の高田社員に甲種防火管理者の資格を取ってもらいました。アイネットは自社ビルということもあり、ビル内の防火管理は自社で行わなければなりません。 消防訓練は年二回行い、都度、消防署に対して実施前の計画と実施後の報告の提出を行う必要があります。その計画を策定するところから高田社員には社内のBCP委員会の委員長という立場で初回の消防訓練の指揮を執っていただきました。 実施は4月15日午後3時より行い、テレワーク従事者は除いて、出社作業がある人で集まりました。 まずは消防訓練の目的などについてスライドを使って説明をしてもらい、次に、緩降機というロープをかけて窓から避難する器具について説明動画をみんなで見ました。 次に実際に消火器と緩降機の実物を使っての訓練です。消火器は実際に消火活動をするわけではないですが、意外と設置場所や使い方を知らない人も多いと思うので、場所の確認や、使う時の手順や心構えについて確認をしていきました。 緩降機を使う際にはヘルメットの着用をし、全員が腰ベルトの装着までを体験しました。 最後にビル内を移動して、室内のコンセントの位置、消火器の位置、防犯ベルの位置などを指差し確認していきました。 全部で1時間半ぐらいで終わりましたが、やはり年二回は行わないといざという時に速やかな行動ができないと感じました。 我が社では、次の秋の消防訓練までの時間をBCP(Business Continuity Plan 事業継続計画)の策定に取り組みます。これは災害など緊急事態において、企業が事業を継続していくために事業継続や災害の備えについて計画を立てておくもので、中小企業庁が旗を振ってBCP策定を推奨しています。 コロナ禍で大型災害に対する意識が少し低下している現在ですが、巨大地震や豪雨災害など、いつ発生するか分からないものに対する備えもしっかりしていこうと思います。 高田委員長、ご参加の皆さん、お疲れ様でした!