社長ブログ

株式会社アイネット

2019/11/14 17:11

みなさん、こんにちは!

 

今日は役員人事に関するお知らせをします。

 

このたび11月1日をもって株式会社アイネットは、取締役として新たに二名のかたに就任していただきました。

角田 裕樹(すみだ ゆうき)  入社 2003年 4月
佃 知彦 (つくだ ともひこ) 入社 2005年 4月

 

二名とも二人が新入社員のときから一緒にやってきた仲間です。

 

そして、長年一緒に役員としてやってきた一名のかたと相談してそのかたの役員としての任を解くことにしました。

若松 隆志(わかまつ たかし) 入社 1988年 8月

 

今年の6月に私の父であり弊社取締役会長であった岩崎重治を亡くしてからしばらくは、若松と取締役二人体制の中で何度か今後のことを話し合ってまいりましたが、若松の「現場の一技術者でありたい」、との想いが強いことを感じたのでこちらから提案しました。若松は、私が入社する以前より古参メンバーとしてアイネットを支えてくれ、また現在では医療に従事する技術者としても現場に出ています。このたび長年の重荷を降ろすことができてホッとしたのではないかと思います。

 

11月に入ってからは角田と佃には少しずつ、財務諸表の見方、中長期スパンでの経営に関するバランスの取り方を学んでいただいておりますし、細かい点で判断ミスがあれば私がサポートに入って修正していますので、早いうちには役職にふさわしい手腕を身に付けると考えています。また彼らに引き続き、既存メンバーにもリーダーやエンジニアとしての経験を積んでもらえるようにとも思っています。

 

角田、佃ともにアイネットの基本理念をしっかりと理解し、それを継承した上で更に新しい考えを取り込んでアイネットを発展させてくれると考えていますし、私自身は業務をいくらか引き渡したあとはまだ未着手のエリアに取り組んで行くつもりです。

 

今後とも引き続きアイネットをご愛顧いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

2019/11/01 11:06

みなさん、こんにちは!

 

スポーツの秋ですね。9月にソフトボール大会に出て依頼、更なる体力づくりを心に決めた私ですが、平日はなかなかスポーツをする時間がありません。なので、夏から始めたとご報告したのが、NintendoSwitchでのフィットボクシングです。

IMG_2843.jpg

IMG_2845.jpg

 

二つのJoyConを両手に持って、流れる音楽に合わせてパンチを繰り出すのですが、バックミュージックの選曲も良くて割と楽しく続けています。なんなら、出張先に持っていってホテルの部屋でやることもあります。20分もすれば汗ばんできます。上半身は、アッパー、フック、ジャブなどのパンチ、下半身はダッキングやステップなどが組み込まれ、更にウェストをひねるのでウェストシェイプの効果も。

 

ただ若干、飽きてくるのと、下半身のトレーニングが弱かなということで、最近、女優の新垣結衣さんがCMをしているので私のお友達もやり始めたリングフィットアドベンチャーを、夫が誕生日プレゼントに買ってくれました。

IMG_3286.jpg

 

箱には「筋肉は一生の相棒だ」と書かれています。

IMG_3289.jpg

 

たしかに、これ、効きますね~。筋肉痛になる人が続出です。ゲームキャラは自分が実際に走ることで移動できますし敵を倒すのはスクワットやリングコンを押し込む筋トレ系なかなかきついです。

 

で、けっきょく、時間があれば両方併用してやっています。

リングフィットアドベンチャーは、操作が分かりづらいところがあってフィットネスだけに集中できないのですが、筋肉にはしっかり効きます。一方のフィットボクシングはリズムゲーのノリで爽快感がありますが、こればかりだと飽きるのと筋トレとしては弱いんですよね。

 

で、平日はこれらで上半身、下半身を鍛え、休日に一緒にやってくれる人がいれば、ソフトボールの練習やテニスをしようかなと計画しています。室内でいくら鍛えても、屋外でのスポーツの楽しさにはかなわないと思ってます。

 

というわけで、一緒にスポーツしてくれる人を募集中です。

2019/10/18 17:22

みなさん、こんにちは!

 

足かけ6日間ほどマレーシアに行ってきたので、そのレポートを書きます。本当は6日も行っている予定ではなかったのですが、日本を襲った台風のために帰国が2日ほど延びてしまいました。でも、2泊分の延泊料は旅行保険で賄えるとのこと。保険に入っておくの、大事ですね。

 

羽田からマレーシアまでは約6時間、時差は1時間です。私は、高所恐怖症なのでわりと飛行機が難関です。

IMG_0051.PNG

 

まずご飯ですが、マレーシアは多民族国家なのでマレー料理や中華料理など選ぶことは可能ですが、代表的なマレー料理は下の写真のような感じで、まず魚介のすり身やジャガイモを潰して丸めたものなどを揚げたものが前菜として出ます。チリソースなどを付けていただきます。

IMG_3188.JPG

 

あと、ご飯はパラパラのタイ米。それから白身の魚や肉をスパイシーなソースで煮込んだようなもの(タイ風カレーみたいな感じ)が出ます。概ね辛いです。あと、ハラル認定のお店ではポークはなく、アルコールも呑めません。

IMG_3189.JPG

 

真面目な経済視察だったので、コタバルという更にマレーシア国内を国内線を乗り継いでいった都市にあったロームワコーのマレーシア工場を見学してきました。

日系企業でコタバルに進出している企業は他にないとのこと。お酒が呑めない、娯楽があまりない、というのが要因のようです。ですが、一家族に平均4人の子供が生まれるので、従業員を募集するとかなりの応募があるようです。これまで私が行っていたアジア諸国はおおむね、少子化が始まり、優秀な人材は都市部に流れていっていたので、これは特徴的と言えるでしょう。

残念ながら工場内の撮影はできませんでしたが、精密部品を扱うためのクリーンルームをガラス越に見せていただきました。

 

その後、マレーシアの市場に行きましたが、ここで庶民の生活が分かり大変面白かったです。

IMG_3104.JPG

 

以下、雑な画像でお送りします。

まず、肉屋さんですが、毎日気温が30度を超える中、生の肉がぶら下がっていました。これは傷まないのかな、と、ちょっと気になります。牛の足などが、どーんとぶら下がっていました。

IMG_0050.PNG

 

あと、果物はいろいろありますが、特にバナナはすごくたくさんの種類があり、腐りかけたような黒いバナナも何かの料理に使うのでしょう。安くたくさん売られていました。

IMG_0049.PNG

 

猫をたくさん見かけました。同行者の人たちは「ガリガリだなあ」と言っていましたが、私はむしろ日本の猫がぽっちゃりしているように思いました。街の人とそれなりにゴキゲンに生きている感じがしました。

IMG_0052.PNG

 

タピオカの原料のお芋もたくさん売られていました。

IMG_0048.PNG

 

マレーシアは昼間は年中30度を超す気温、雨季はかなり長い時間のスコールが降ります。けっこう長い時間の雷雨なので、傘がないと大変です。夜はホテルの冷房が効き過ぎて震えながら過ごしていました。

 

延泊になって時間ができたので、休日はチャイナタウンに行きました。

なぜか、アメコミヒーローTシャツを売っていたお店でどうしてもジョーカーのTシャツが欲しい気がしてちょっとだけ値切って買ったのですが、帰国したら「そんなに欲しくなかったかな」という気がしています。欲しいかたがおられたら差し上げますよ。

IMG_3214.JPG

 

と、割と長丁場になってしまったマレーシア旅行でしたが、三連休ということでけっこう日本人の若いかたが遊びに来ていました。クアラルンプールのスカイタワー展望台など、スマホで東南アジア版Uberのgrabなどでタクシーを呼んで自由に観光を楽しんでいました。

 

上に載せたマレーシアの地方の様子とはうって変わって、首都部は高層ビルも多く、たくさんの車が走っています。を少子化とは無縁な国の勢いをひしひしと感じました。これから数年で更に発展するのではないでしょうか。

2019/10/07 10:18

みなさん、こんにちは!

 

先日、筆ペン四段に昇段いたしました。ぱちぱち(自画自賛)。

 

合格の秘訣はとにかく習慣化することです。

 

以前、読んだ本の中に『ぼくたちは習慣で、できている。』という本がありまして。もう、この本は、タイトルだけで全てを現わしているといっても過言ではないのですが、とにかく習慣化しまくろうと思ったんですね。とくに昨年は父の介護もありましたから、まとまった時間がない中で少しでも勉強したい、体力づくりをしたいという一心でした。

何か成果を出す時に、すごく瞬発力があって集中力がある人は良いのですが、私は体力がないし、集中力も時間的余裕もないので、細切れ時間の習慣化がものすごく自分に合ってると思うんですよね。

51jPOB5B+vL.jpg

 

そこで、私が習慣化するためにどんな工夫をしているかを一部ご紹介します。久しぶりに雑な漫画を書描きました。

 

まず、朝の起き抜けの時間。これは勉強の黄金タイムとしてよく紹介されていますが、私の場合、「さて何をやろうかな」と思ってぼやぼやしていると30分ぐらいあっという間に経ってしまいます。なので、机の上にすぐやりたい学習内容を必ず置いておき、見えるようにしています。大事なのは、書棚や引き出しに絶対に仕舞わないことです。

IMG_0045.PNG

 

 

次に、なかなか捗らない家事ですが、たとえば料理についてはiPadをキッチンカウンターに置いて好きな海外ドラマ(吹き替え版)を見まくるということでものすごく捗るようになりました。内容が面白いので流して聴いておくだけでも楽しめます。私はこのやり方で、休日にお弁当のおかずの作り置きを時間かけて作る習慣ができました。

ちなみに今ハマってるのは『ドクターブル』という裁判科学の専門家が陪審員の心を操作して無罪の人を無罪にするというドラマです。

IMG_0044.PNG

ちなみに、以前は料理をしながら英語学習をしようとしてみたのですが、これはちょっと無理でした。「苦手×苦手」は組み合わせとして悪いので、「苦手×面白い」にしましょう。

 

最後に、抱き合わせ手法です。英語の学習なんですが、スマホの単語アプリとか飽きちゃって全然できなかったので、大好きな「ほぼ日手帳」に毎日TOEICの問題を一問だけ書いて解説も書く、という形で手帳を埋めることにしています。手帳一ページ分なら、どんなに酔っ払って帰っても何とかこなせますし。

「ほぼ日手帳」も挫折し、英語学習も挫折する私にも、両方組み合わせれば何とかできるようになりました。手帳を開くといつも英文が並んでいるカッコイイ手帳の出来上がりです。ちなみに使っているテキストはTOEIC特急シリーズというもので、一頁に一問だけで、ページをめくると解説があるというものです。

 

IMG_0046.PNG

 

というあの手この手で一ヶ月以上続く習慣ができれば定着しますし、一ヶ月続かなかったら別の習慣を編み出すことにしています。ポイントはどれも一日の分量は10分程度でできる単位におさめるということでしょうか。それ以上の高い目標設定は必ず挫折に繋がるので。

 

ちなみに、体力づくりはニンテンドーSwitchのフィットボクシングというソフトを毎日やっていて、昨日でちょうど二ヶ月を迎えました。

 

自分に合う習慣探し、お勧めです。

 

2019/09/25 14:05

みなさん、こんにちは!

 

今日は最近読んだ本の中から『ついやってしまう体験の作り方』を紹介したいと思います。

20190925.jpg

 

この本は元・任天堂企画開発者の玉木真一郎さんが「ついついやりたくなるゲームの企画の裏舞台を明かしてくれながら、そのような体験を読者自身が企画できるようにと解説してくれたものです。

 

たとえば「ついやりたくなる」という魔法のノウハウをもとに自社サービスを企画すれば、お客さんはついついお金を遣ってサービスを利用してくれて超ラッキーってもんです。

 

では、その魔法とは何か。

具体的に、玉木さんは世界一売れたゲームとしてギネスにも載った任天堂の『スーパーマリオブラザーズ』を例に挙げて説明をしてくれています。

まず冒頭で質問されます。
「このゲームはなぜ売れたのでしょうか?」
と。

 

でも、すぐには答えられません。

 

で、次にこういう質問をされます。
「このゲームは何をすれば勝ちなんでしょうか?」

これも案外すぐには答えられません。

 

何かを倒したり、制限時間内に何かをやったり。でもそれはゲームの最終目的ではなくてほんの枝葉の話。

 

で、もっともっと根本の、マリオを最初に動かすところに話のスポットはあたります。

 

スーパーマリオを初めてプレイする時、プレーヤーは、何を最初にすれば良いのか分からないまま放り出されます。そこからプレーヤーは「仮説」を立て、「施行」をし、それが上手くいって「歓喜」する。
この一連の体験を自発的に気づかせることで、プレーヤーは初めてこのゲームを面白いと感じる。

ここにまず、マリオのヒットに隠された企画の力が丁寧に説明されています。

なるほど、「仮説」→「施行」→「歓喜」が必勝パターンね、と思うのはまだ早い。これはただ一つのパターンでしかありません。そのあとにもたくさんの、人の心の動きを想像しながら作り上げられた「ついやってしまう体験」のパターンを生み出した工夫について説明してくれるのです。

 

そしてその工夫は、もともとは多くのゲームのハードの「制約」から生まれたものであったりもします。読者は「時間やリソースがない」という制約をネガティブに考えずに、ポジティブな要素に繋げられることも学べます。

 

著者の狙いは読者にその「仕掛け」一つ一つをマスターさせることではなく、読者自身が抱える背景と問題、それを解決する「仕掛け」を読者自身で生み出せるようになることが狙いだということが読んでいて強く伝わってきます。

 

この本は多くのページを割いて実際のゲームを例にとり丁寧に説明してくれますが、もっと汎用な企画に対してどのようにアプローチしたらよいかを巻末付録として「実践編」という形でまとめてくれていて、こちらもめちゃくちゃ役に立ちます。

 

たとえば、「企画」のページではプレゼンテーションについてのちょっとしたコツを書いてくれています。

--(引用開始)--
悲しいことに、世につまらないプレゼンは絶えません。聞いているうちに一度でも興味を失ってしまったら後の祭り、プレゼンを最後まで聴き通すことは二度とできないでしょう。逆に、プレゼンする側としても、プレゼン途中でよそ見されたり、寝られたりしてしまったら…ショックですよね。

 

ポイントになるのは、いかにプレゼン中に集中力を絶やさないか。ではここで、逆に考えてみます。プレゼン中にいちばん集中力が落ちるのはどんなタイミングでしょうか?
--(引用終了)--


さて、そのタイミングはどこでしょうか。よければ実際にこの本を手に取ってみてください。ここに書かれたひと工夫でプレゼンがぐんと良くなるのであれば、この本はものすごくお買い得だと思います。