技術者の矜持を大事にしていきたい

先輩メッセージ1

角田 祐樹 すみだ ゆうき

2003年入社
システム開発部所属


ソフトウェア開発者としての一歩を踏み出そうとしている皆さんは、どのような技術者を目指していくか、またどういったキャリアを歩んでいくか、考えてみた方はどれくらいいらっしゃるでしょうか?
(と、言ってもピンとこない方もたくさんいらっしゃいますよね、私も当時は深く考えていなかったでしょう)
このメッセージを通して、そういったことを考えてみるきっかけになればいいかなと思います。

我々の仕事はプログラミングでソフトウェアをつくることですが、ソフトウェア開発の技術以外にも様々なスキルが必要になります。
例えば、ソフトウェアを開発するにあたり、そのソフトウェアを導入する企業の業務知識であったり、一緒に開発するチームのまとめかたであったり、時には様々な交渉事や調整であったり…。
会社組織でのソフトウェア開発への関わりかたの方向性にもよるのですが、ものづくりをするところ以外を重視する組織・人が存在するのも事実です。

必ずしもこの業界で生きていくのに必要なものではないですが、できればソフトウェア開発に対して愛着を持ってもらえると嬉しいな、と思います。
実際に手を動かすところを他人に丸投げするのは悲しいものがあります。
(現場での自分のポジションがどうであれ、ただPCの前に向かっていればいいみたいなスタンスもあまりよいとは言えませんが…)

なんとなく暗い話になってしまいましたが、私の技術者としてのキャリアの今は、社内外を問わずソフトウェア開発を愛する技術者との出会いが作り上げてきたものとも言えます。
駆け出しの頃の先輩方からの指導であったり、厳しいプロジェクトを共にくぐり抜けてきたメンバーとの協力関係であったり、有志による勉強会で顔を合わせる面々との語らいであったり…。
自分にはない視点でのものの見方、新たな知見、より深い技術への理解、様々な出会いが私を技術者として成長させ、今日までやってこられたのだと自信を持って言えます。

今となっては私の会社での立ち位置は技術的な方面で特化するわけではなく、例えば営業的な立ち振舞いであったり、採用などにも携わるようなポジションにいます。
しかし、現場での開発者としても腕を振るいます。それは技術者出身である弊社の代表とアイネット社員一人ひとりが積み上げてきた技術者としての矜持を大事にする文化、そしてともにソフトウェア開発に携わる尊敬できる技術者の方々が、幅広いポジションでの動き方が必要な私を技術者として奮い立たせ今日も開発の現場へと誘うのです。

皆さんとともに切磋琢磨しながら技術者としてともに働ける日をお待ちしております。